ライフ

「人生をダメにする部屋」から脱却するには

●引っ越しする  新しい住居に引っ越すことは、認知行動療法的にも有効。認知行動療法とは、行動をしていく中で物事の捉え方や考え方を変え、ストレスを軽減する精神療法。土地との相性は重要で、排他的な地域で肩身の狭い思いをしたり、治安が悪い地域で不快感を覚えながらの生活は確実にメンタルを澱ませる。引っ越して住環境をポジティブに捉え、ネガティブな自意識との差を埋めることで物事がうまく巡るようになる。開運グッズにお金をつぎ込むくらいなら、大胆に引っ越ししたほうが効果的だ。 人生がダメになる部屋 ●リノベする  突貫工事でフルリフォームするのも手だが、かかる費用と手間があまりにも膨大だ。  そこで、作家の岩崎夏海氏の提唱する「自分の部屋に引っ越す」活動がおすすめ。部屋のモノをすべて運び出し、リセットする作業だが、ポイントはモノを再び運び入れるときに、「捨てる」のではなく、必要なモノだけ「残す」こと。一人でやるのではなく、複数の友人と互いに持ち回りですると心理的負担も軽減され、部屋に関して自分では気づけなかった事柄に対し、客観的な視点を得ることもできる。 人生がダメになる部屋― 住んではいけない! 人生がダメになる部屋 ―
1
2





おすすめ記事