おにぎりに+1品するなら? コンビニ食で健康になる食べ合わせ

 管理栄養士の川村郁子です。  忙しい時や、小腹が空いた時に便利なコンビニ。私たちの生活には切っても切り離せない存在です。しかし、何でも揃っているが故に、何となく「お腹にたまりそうだから」という理由で食品を選んでいませんか? ※写真はイメージです(以下、同) そこで今回は、コンビニ食を選ぶ際に、+1品するだけで健康に近づく食べ合わせをお伝えしていきます。 おにぎりが食べたい場合  まずは、腹持ちの良いおにぎりに+1品すべき食べ合わせです。 ①卵入りサラダ  おにぎりは、タンパク質や食物繊維が不足しがちです。なので、+1品では卵(タンパク質)と野菜(食物繊維)がとれる「卵サラダ」がオススメです。また、大豆がたっぷり入ったビーンズサラダでも良いですね。 ②豚汁  豚汁には豚肉(タンパク質)とゴボウなどの根菜類(食物繊維)が含まれています。なので、こちらもおにぎりに不足している栄養素を補足することができます。  他にも、「おでん」もおにぎりとの相性が良いです。これからの季節には向かないかもしれませんが、「卵と大根」「厚揚げとコンニャク」などの組み合わせにするとタンパク質と食物繊維をどちらも補えます。 サンドウィッチが食べたい場合  続いては、手軽に食べられるサンドウィッチとの食べ合わせです。 ①ミネストローネスープ  サンドウィッチは、炭水化物や脂質、そして少量のタンパク質が主な栄養素で、食物繊維が不足しています。なので、ミネストローネで野菜を補うようにしましょう。タンパク質も少し不足しているので、ゆで卵を追加されるのも良いでしょう。 ②チキン入りサラダ  タンパク質がやや不足しているので、チキン入りのサラダでタンパク質を補いましょう。またサンドウィッチでは不足している野菜も補うことが出来ます。  もし余裕があれば、さらに「豆乳」や「牛乳」を追加してカルシウムやカリウム、ビタミンB群を補うと、よりバランスが整いやすくなります。お茶や水を飲むのであれば、ぜひこちらを選んでみてください。 →次ページデザートまで食べたい…そんなときは? 麺類が食べたい場合  これからの季節、つるっと食べられる麺類は手に取りがちですよね。そんな場合に食べ合わせると良い一品は? ①サラダチキン  うどんやそばなどの麺類を選んだ場合、摂取できる主な栄養素は炭水化物です。ですので、タンパク質や食物繊維、ビタミン類を追加で摂取する必要があります。  例えばサラダチキンを追加すると、タンパク質やビタミンB群を追加することが出来ます。これでもまだ野菜が足りないので、サラダやトマトジュースもプラスするとよりバランスが整います。 ②野菜たっぷりコンソメスープ  コンビニでよく売っている「〇〇品目の野菜スープ」も相性の良い組み合わせです。麺類単品だと不足しがちな野菜を追加することで、食物繊維やビタミン類を足すことが出来ます。  また、「ちゃんぽん」「サラダスパゲティ」のように最初から野菜が多く入っているメニューを選んだ際は、「ゆで卵」や「納豆」「さば缶」「サラダチキン」など、タンパク質を意識して補うようにすると良いでしょう。 デザートも食べたい場合  食後に甘い物が食べたい場合に意識して欲しいのが「糖質や脂質がなるべく少なく、ビタミンやミネラル、タンパク質を補えるもの」を選ぶことです。  コンビニ食は炭水化物の確保はしやすいのですが、どうしてもタンパク質やビタミン、ミネラルが不足しやすくなります。そこで、デザートをこれらの不足した栄養素を補う形で選んでみてはいかがでしょうか。  例えば「ヨーグルト」「プリン」「カット果物」などが、コンビニで購入する際にオススメなデザートです。  また、最近は低糖質スイーツや、1カップ80kcalアイスなどを購入できる店舗も増えてきています。一般のスイーツと変わらないくらいの満足感を得られるものも多いので、デザート選びの際に活用してはいかがでしょうか。  今回はおにぎりの場合、パンや麺類の場合とケースに分けてお伝えしましたが、お弁当を選んだ際にも同様です。「野菜が不足しているからサラダを選ぼう」「野菜ジュースを追加しよう」のように栄養バランスを意識してみて、健康的なからだ作りに活用してみてください。<文/川村郁子> ...
2018年6月13日0 DownloadsDownload