ライフ

「辻ちゃんのPVが増えるのは許せない!」タレントの炎上ブログを監視し続ける“鬼女”の実態

 だれもが自由に情報発信できる時代、タレントのブログで炎上が起きることは珍しくない。とはいえ、「炎上ブログがカネになる」とはアメブロ全盛期の数年前によく言われた言葉。PV(閲覧数)に応じてタレントの懐にインセンティブとしてお金が入る仕組みであることは周知の事実となっているが、炎上すればするほど嫌いなタレントが私腹を肥やすのは許せない……そんな“鬼女”たちの存在をご存知だろうか。

 鬼女たちは、嫌いなタレントのブログのPV数が増加しないように注意しながら、悪い噂や誹謗中傷などをネットに書き込むことを生き甲斐としている。ネットにかじりついていられるほど時間に余裕のある主婦が多いのでは? とも言われているが、その日常生活や実態とは……!?

嫌いなタレントのブログを監視し続ける鬼女の実態

「最近、頻繁に辻ちゃんのブログが炎上してるじゃないですか……あれにうちの妻も狂喜乱舞で参加しているんですよ」

 衣料メーカーに勤務する山村明義さん(仮名・38歳)の妻(31歳・主婦)は、いわゆる “鬼女”。特に元モーニング娘。の辻希美を目の敵にしており、昼夜を問わずブログを監視している。

 辻希美がブログを更新すると、まずPVがなるべく上がらないよう鬼女たちの決まった1人だけが見に行き、スクショ画像を鬼女掲示板に貼り付けて報告する。それからみんなで見るんだそう。

「辻ちゃんがランチプレートに味噌汁を置いていて頭がおかしいとか、いちご狩りに行って煉乳をつけて食べるなんて素材の味を殺しているとか大喜びで書いているんですが……そんなに嫌いならブログなんか見なきゃいいと思いますし、一日中掲示板に張り付いて辻ちゃんのことばっかり考えて。結局、辻ちゃんに支配されてしまっているように見えますね」

 妻は炎上が盛り上がると監視に集中するため、夕食はカレーやシチューなどの煮込み料理を大量に作り置きしておく。そのため、同じ料理ばかりを毎日食べさせられている山村さん。

「辻ちゃんの料理を毎日のように『味噌汁のワカメ多過ぎw ヘドロ沼みたいwwww』とか口汚く罵っているのに、お前はなんだよと思いますね。最近はもう、仕事帰りに大戸屋で定食を食べるとホッとするようになってしまいました。カレーやシチューはもう見たくもありません」

自宅で鬼女オフ会を開催「普通のキレイな奥さんが多い」

 自宅ではよく“鬼女オフ会”が開催されているそうで、妻が鬼女仲間を招いてお茶をしながら辻希美の悪口で盛り上がっているらしい。そんな鬼女たちには、どんな人が多いのだろうか?

「鬼女なんていうと、怖そうな女とかブスを想像しがちですが……みんな結構キレイなんですよ。だいたい結婚しているし。でも、きっと何か満たされないものがあるんでしょうね」

 妻たちはオフ会の間も、常に鬼女掲示板に張り付き……辻希美が脇の甘いブログを更新するや否や、一心不乱に叩き始めるのだそう。

「妻は『共通の敵がいるとすごく仲良くなれるの』と楽しそうにしています。たぶん、鬼女活動がサークルみたいな感覚なんでしょうね。それがストレス解消になっているのかもしれません。鬼女仲間と『今の炎上が落ち着いたら、辻ちゃんの母親が経営しているハンバーガーショップまで偵察に行って、新たな火種を探しに行こう』って盛り上がっていましたよ(笑)。たまに辻ちゃん本人が接客することもあるらしいので、鬼女たちに直接アラ探しされるなんて……本当に芸能人って大変ですね」

 もはや、アンチを通り越して大ファンのようにも思えるが……。辻希美をはじめ、ターゲットにされているタレントからすると鬼女の存在は迷惑甚だしいかもしれないが、他人の心を鷲掴みにできる能力こそ、一流のタレントたる所以か!?

「正直、あんなに夢中になれることがある妻がうらやましく思えてきたので、最近はクッキングスクールに通い始めたんですよ。でも、僕が料理上手になったら妻の鬼女活動に拍車がかかってしまうかもしれませんね(笑)」<取材・文・イラスト/鈴木詩子>

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。