恋愛・結婚

ロマンティックおじさんが気持ち悪い! Tinderで出会ったのに純愛を求めてくる

世界中で♯MeToo運動の高まりが続くなか、おじさんの性的暴行やセクハラが世間を騒がせている。その一方、「直接的なセクハラよりも純愛ごっこに興じるおじさんのほうがキツい」との声がある。メロドラマのように恋愛を求める人から、バブルノリで口説く人、水商売の女性にガチ恋する人など、様々なタイプが存在する“純愛おじさん”の生態を調べてみた。

純愛おじさん事件簿

ロマンティックが止まらないおじさん

…出没スポット:Tinder
ターゲット:肉体関係のないセフレ


 メロドラマのような恋愛を求めることで、マッチングアプリのTinderに生息する肉食系女子から嫌がられるケースが多い。

「『バイクで夜中走ろう!』と青春みたいなデートを求められて……。肉体関係についても『キャラじゃない』と言っていました。出会い系で出会ったくせに(笑)」(24歳・看護師)

 奥さんと不仲or離婚済みという人がこのタイプには多いよう。

「Tinderで出会った私にいきなり『妻とは破綻してる。本気で好きになったら結婚しよう』と言ってきて困った」(29歳・メーカー)

 なんて声も挙がっている。

 また、同じくIT企業に勤める女性(31歳)が出会系アプリで知り合ったおじさんは、昼間のデートを執拗に何度も要求してきてげんなりしたという。

「私は体の関係だけのつもりだったのに、『もっと恋人っぽいことをしたい』と言われて。しつこいから『付き合ってないし、あなたと一緒にいるところを見られたくない』と言ったら逆ギレされました」

 このような男性について、AV男優の森林原人氏は「愛情とセックスの悪い意味での切り離しができていない」と分析。さらに、社会学者・文筆家の鈴木涼美氏もこう続ける。

「男は女性よりもロマンチストが多いので仕方のないことですが、それを心の中に秘めきれず、相手に強要してしまうのがまずい。自分にとってはロマンチックなことが、相手にとって冷笑ものだということを知ってほしいです」

― 純愛おじさん事件簿 ―





おすすめ記事