恋愛・結婚

“銀座の女”は清楚なバイト嬢でも怖い!? 常連客はみんな“兄弟”だった



ついに本性を見せた不倫相手


 ところが、自分の店をオープンしてから、彩花は和辻さんに本性を見せるようになった。

不倫「銀座の路地裏バーの客のほとんどが彼女のファンなので、赤字になることはないと踏んで、出資したんです。ところが、ショッキングなことが起こってしまって」。

 彩花の店は繁盛したが、彼女が売っていたのは酒だけではなかった。店の2階にある小部屋に、客を連れてきては一夜を共にしていたのだ。和辻さんは、その客と鉢合わせになって、やっと彩花の正体を知ったという。

「彩花は、自分の店を繁盛させるために客と関係している、と言いました。ショックで銀座をふらついていたら、前の店で彩花と一緒にバイトしていた女性とばったり会ったんです。その女性があまりにも明るい笑顔だったので、つい『彩花はどんな女なんですか』と尋ねてみたんです」

常連客は“みな兄弟”


 自分の店の二階に男を連れ込んでいることを和辻さんが口にすると、バイト女性はたちまち気の毒そうに和辻さんを見つめた。そしてショッキングなことを激白したのだ。

「ママが体調不良で休んで、私と彩花さんがバイトしていたあの夜、カウンターには和辻さんのほかに2人お客さんがいましたよね。全員、彼女を通じて、みんな兄弟関係。何が起こるかわからない殺気を感じて、怖かったです」。

 自分だけが彼女の正体を知らなかったとは……がく然となった和辻さん。女は怖い。だが怖すぎて彩花に別れを切り出せないでいる。<取材・文/夏目かをる>

― ダメ。絶対。験! ―

コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。ブログ「恋するブログ☆~恋、のような気分で♪
1
2





おすすめ記事