雑学

『孤独のグルメ』的に30歳を超えても食を楽しむ方法とは?

 年の瀬も迫り、忘年会ラッシュになるこの時期。なかには連日連夜、飲み会に参加したり、はしごで顔を出すという人も多いだろう。しかも楽しい飲み会ともなれば、鍋や揚げ物、焼肉などなど、おいしいぶんヘビーな料理をついつい食べてしまう。当然、胃腸も疲れがちに……。

 特に、30代半ばをすぎると顕著になってくるのが「胃もたれ」ではないだろうか。実際に調査をしてみると、こんな声が挙がっていた。

「体育会系で昔はどんなに食べても余裕だったのに、今では食べすぎた翌日は胃もたれを感じている」(33歳・広告)

「大好物だったカルビはハラミへ。あの脂が堪らなかったロースカツはヒレカツへ。最近では締めの炭水化物はやめて、スープだけにしている」(36歳・メーカー)

「焼肉屋に行っても霜降り肉が全然うれしくない。もっぱら赤身」(40歳・経営者)

「焼き鳥はぼんじりや皮が大好きだけれど、翌日の胃もたれ覚悟で食べている」(39歳・エンジニア)

 食べすぎや脂っぽい料理を食べた後の胃もたれは、多くの人が悩まされているようだ。たしかに記者も、焼肉屋に連れて行ってもらっても、黒板に書かれたおすすめの脂がのった高い肉はあまりうれしくなかったりする……。

井之頭五郎のように三十路を過ぎてもおいしく食べるには?


 本来、食事は楽しいものであり、おいしい食事は自分を幸せにしてくれる。ところが、せっかくのおいしい食事も、楽しい飲み会の場も、その後に胃もたれが待っていては台無しだ。
 
 若い頃に比べてお金にも余裕ができて、好きなものを食べやすくなっても、肝心の体がついていかないのであれば悲しすぎる。本当なら『孤独のグルメ』の主人公、井之頭五郎のような「人間火力発電所」の食べっぷりで、おいしいものを心いくまで楽しみたい。

 そんなふうに食事をおいしく楽しみたい人、また疲れた胃の調子を戻したい人は、胃もたれ・不快感などの胃腸症状を改善してくれる胃腸薬を活用したい。なかでも大正漢方胃腸薬は、2つの漢方処方が胃の機能を高め、疲れた胃の調子を戻してくれる。その秘密は、胃の働きを取り戻す「安中散」、胃の緊張をほぐす「芍薬甘草湯」の2つの漢方処方が組み合わさることで、胃もたれや胃のむかつきなどに効果を発揮してくれるというわけだ。

 例えば、飲み会で胃がもたれてしまった次の日。しかも2日連続で外食や飲み会を控えている……といったシチュエーションにオススメだ。

 飲み会や外食が続くこの時期、せっかくならおいしい料理を楽しんで一年の仕事や苦労を労ってあげるべき。間違っても胃もたれで辛い記憶するのはもったいなさすぎる。

『孤独のグルメ』と大正漢方胃腸薬がコラボ


 おいしそうな料理やボリューム満点の料理ほどSNSでウケやすい昨今。きっと忘年会などの場で提供される料理も、インスタ映えする一品が多いはず。思い出の記憶やSNSでシェアするために料理を撮影する人も多いにちがいない。

 インスタグラムやグルメアプリのフィルター機能を使えばおいしく見せることができるが「他と差をつけたい!」「忘れられない記憶にしたい!」という人は、「俺の孤独のグルメキャンペーン」がオススメだ。


 圧倒的人気を誇るグルメ漫画と大正漢方胃腸薬がコラボした企画で、今ならキャンペーンの一環として、孤独のグルメをモチーフとしたフォトフレームをゲットすることができる。これでいつものランチやディナーが、五郎も唸るグルメへと変貌するはず。


 また、全国のドラッグストア(一部店舗を除く)店頭で、孤独のグルメコラボマンガ完全版の二次元バーコード付きPOPも展開されている。孤独のグルメファンなら必見だ。

 というわけで、1人でグルメを堪能するときも大勢で堪能するときも、大正漢方胃腸薬で疲れた胃の調子を戻し、そして、せっかくグルメを堪能するなら「俺の孤独のグルメキャンペーン」に参加してみてはいかがだろうか。

<取材・文/加藤純平(ミドルマン)>

提供/大正製薬


ハッシュタグ




おすすめ記事