スポーツ

波乱含みの東京大賞典 中央3歳馬と隠れ中央馬を絡めて穴を狙え!

東京大賞典出走表

東京大賞典出走表とTARO氏の注目馬

「今回はダートの王者ルヴァンスレーヴが出走せず、本命不在の混戦模様です。ルメール騎手が乗る13ゴールドドリームが人気になったとしても、この馬のベスト距離は1600mですから、大井の2000mは不安。外国人騎手は重賞に強いといわれてきましたが、ことダートに限るとそこまでではない。過去のデータを見ても3着以内は2回だけ。逆に、チャンピオンズCで5着に沈んだ5オメガパフュームは、スタミナが生きる大井なら有望です。一方、地方馬の4モジアナフレイバーは世間的には大穴評価ですが、折り合いがつけば末脚は強烈で、中央馬とも互角の戦いが期待できます」  中央と地方の3歳馬対決に加えて、見どころはベテランの古馬たちの踏ん張りだろう。 「中央馬の2ケイティブレイブは、太り気味なのが気がかりですが安定感は抜群。2、3着は狙えるでしょう。’18年は地方馬として参戦する7サウンドトゥルー、8歳の大ベテランながら末脚は健在。2、3着の穴として押さえておきたいところです。なにしろサウンドトゥルーは、’18年11月まで中央で走っていた“隠れ中央馬”ですから」
大井

スタミナの必要な大井の舞台、前走チャンピオンズカップ(中央GⅠ)では5着となったオメガパフュームあたり有利となるか。

 王者不在の中にあって、有力地方馬の奇襲や、古馬と若手の世代交代など、注目点が多い今年の東京大賞典。TARO氏推奨馬に注目すれば、素敵な年越しが待っていそうである。 【TARO氏】 人気競馬ブログ「TAROの競馬」主宰、競馬予想家。新刊『万馬券の教科書—新時代のサバイバル穴予想術—』(ガイドワークス)が好評発売中 ― ギャンブルで30万円稼ぐ必勝法 ―
SPA!が運営する日刊SPA!内のギャンブル情報サイト「勝SPA!(かちすぱ)」の取材班。Twitter(@kspa_official
1
2
勝SPA!
万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

人気ブログ『TAROの競馬』を主宰する競馬予想家TARO氏の新刊は“万馬券の教科書"。

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白