デジタル

どや顔できる「Slack使いこなし&自慢テク」6選



禁断の技「全既読」Shift+Esc


 Slackはキーボードから手を離したくないエンジニアに好まれているだけあり、マウスを使わなくても操作できるようになっている。大量のショートカットキーが用意されているので、頻繁に利用する操作だけでもチェックしておくと作業効率がアップするのでオススメ。

「@」でユーザー名、「#」でチャンネル名を開いたり、Ctrl+「.」で右サイドバーの開閉できる。会議に出たり離席する際はCtrl+Shift+「Y」でステータスを変更したり、Ctrl+Shift+「K」でダイレクトメールを開くことも可能だ。

 禁断の技だが、見なくてもいい情報が多すぎてストレスが溜まったら、Shift+Escで全未読を既読にできる。この技を使うときは、くれぐれもトラブルを起こさないように注意して欲しい。

Ctrl+「/」キーでショートカットキーの一覧を表示できる

 以上が、Slackをちょっと快適に、ちょっと楽しく使えるようになるテクニックとなる。同僚に教えて、どや顔してみてはいかがだろうか。

お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中
1
2
3
4





おすすめ記事