ニュース

逮捕された“青汁王子”こと29歳社長、成金ライフと意外な天然ぶり

 2019年2月12日、東京地検特捜部に逮捕された“青汁王子”こと、「メディアハーツ」社長の三崎優太容疑者(29)。容疑は法人税など約1億8000万円の脱税だ。

View this post on Instagram

セレクトセール2018  競走馬を買いに北海道のセレクトセールへ 毎年1億円や2億円を超える馬が競り落とされる、競馬関係者が集う年に1度のイベント 僕も馬主として、4頭の愛馬を落札してきました  金額は4頭合計で2億2400万円 今までの人生で一番高い買い物だった、でも夢が買えたからいいとしよう  順調にいけば来年デビュー戦を迎えることなるので、今から楽しみです デビュー戦は応援してね  #競馬 #競走馬 #馬主 #セレクトセール #夢の馬主 #いつかはG1 #新聞にも載った #嬉しい

Yuta Misaki(三崎優太)さん(@yuta_misaki)がシェアした投稿 –


 三崎容疑者はそのイケメンぶりとハデな生活がウケて、メディアにも頻繁に出ていた。家賃100万円のタワマンの部屋をテレビで公開し、ハリー・ウィンストンの腕時計(800万円)、フェンディのテーブル(300万円)、ブシュロンの指輪(150万円)などを披露したことも(2017年11月17日、「関ジャニ∞のありえへん世界の2時間SP」)。

 彼は一体どんな人間だったのだろうか?

「本人は悪いことしたと思ってないのでは?」


「三崎さんには取材で3~4回会って親しくなりましたが、悪い印象はないですね」と意外な証言をするのは、某メディア関係者A氏。

出たがりで、落ち着きがなくて、ガーッと喋る。目的達成のためには手段を選ばないところはありましたが、他人をだまそうという感じはなかった。今回の脱税容疑についても、本人は悪いことしたと思ってないのでは?」(A氏)


 そもそも三崎容疑者は、北海道札幌市で高校を退学になって引きこもっていた時に、アフィリエイトで稼ぎ始めた。18歳で通販会社「メディアハーツ」を起業し、「すっきりフルーツ青汁」などを売って急成長。また2017年頃から仮想通貨の取引を始め、『仮想通貨ICO投資で50億円稼ぐ』などの著書もある。 

 今回の脱税容疑は、知り合いの会社に架空の広告を発注するなどベタな手口で、修正申告に応じればすんだはず。なぜ逮捕されたのだろうか?

「以前から何度か国税(庁)に調査に入られてたようです。その時、三崎さんは国税を小馬鹿にする態度を取ったらしいんです。
 さらに、逮捕5日前には、タックスヘイブンである地中海のマルタ共和国に移住した、とテレビで発言していた。国税としては『国外に逃げられる前に』と逮捕したんでしょうね」(三崎容疑者と近しいB氏)

次のページ 
通販のエグい売り方にも、自信満々

1
2





おすすめ記事