ニュース

暴走韓国人を生み出す元凶とは?

「韓流デモ」が起こるほど、今や日本に深く入り込んでいる韓流ブーム。しかし、その勢いに便乗しワルさをしまくっている韓国人がいるのだ!

◆勝つか負けるかの二元論が暴走韓国人を生み出す元凶

「ルールは無用、自分自身がルール。ブームに乗っかって荒稼ぎできるうちにとことんやってしまえ。赤信号、みんなで渡れば怖くない! というのが、いわゆる“韓国人ワル”のメンタリティです」

 溜め息交じりにそう話すのは、韓国人ジャーナリストのC氏。新大久保の住人の大半と交流がある、屈指の事情通だ。

「韓国人の日本でのビジネスはデタラメです。例えば、韓流ショップや韓国コスメの専門店。日本中どこの店を覗いてもラインナップは同じ。他店との差別化を図らないのは、そんなことをしなくても購入者がいるから。当然のごとく、商品が違法コピーや偽物であってもお構いなしなのです」

 韓国は独立以来、常に政情が不安定で、社会格差も日本の比にならないほど激しい。そのため勝つか負けるかという二元論を非常に意識し、勝者になれるなら手段を選ばない風潮が強いというのだ。

「商売人でなくとも同じ。若い韓国人の男は“韓国人”というだけで韓流ファンの日本人女性にモテますが、この流れに乗って損することはないので、臆することなく悪ノリしまくる(笑)。日本でのモラトリアムを謳歌しながら、勝ち組幻想に浸っているのです」

 というのも、韓国では「6人に1人が無職」といわれるほど若者の失業率が高い。本国でまともな職にありつけない若者は「白手」と呼ばれ差別される。もちろんその中には、日本に渡るケースも多い。

「だからこそ、後は野となれ山となれの精神で、際限なく調子に乗れてしまうのでしょう」

 韓国人ワルが日本で暴走するワケには、厳しい本国の事情も関係しているようだ。

【C氏】
48歳。来日25年の韓国人ジャーナリスト。韓国大使館とも太いパイプを持つ。K-POPから北朝鮮の行政事情まで、守備範囲は広い。最近の関心事は「韓流ブームはいつまで続くか」

取材・文・撮影/SPA!韓流LOVE倶楽部 ※当企画の画像と記事の内容は特定の店舗とは関係ありません

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【6】 ―




おすすめ記事