お金

「厚生年金は手厚く、国民年金は受給額が少ない」という通説の誤解


年金制度

内閣府経済社会総合研究所で経済学者の鈴木亘氏らがまとめた研究によると、これから社会に出る2000年生まれの若者が厚生年金と組合健保に加入すると3720万円の損失、1990年生まれは3450万円の損失、1980年生まれは2940万円の損失となっている。これは2012年に内閣府がホームページにアップし、日経新聞が報じた。