ライフ

まったく売れない 笑うぐらい売れない鴻上尚史の本のこと

思っていることをここに全部ぶち込む

 一回も重版かからないエッセーの連載を20年以上許している週刊SPA!は物凄く偉いんじゃないかと思いましたからね。  で、連載をまとめた18冊目が、7月にひっそりと、誰に知られることもなく、出版されているのですよ。 『ドン・キホーテ走る』というタイトルで、論創社さんという、僕の戯曲を最近出してくれている出版社からです。  ツイッターで「鴻上の本をフジ・サンケイグループである扶桑社は出したくなかったんだろう。思想弾圧だ」なんて書いてる人がいましたが、単なる資本主義的判断です。  ウェブの日刊SPA!では、僕の原稿の紹介の後に、論創社さんからの出版なのに、ちゃんとAmazonに飛ぶ紹介があります。泣けるじゃないか。  出版は、論創社さんの「優しさ」にすがりました。ですから、『ドン・キホーテ走る』が売れないと、「恩を仇で返す」という諺の具体例になってしまうのです。「あれえ。売れないじゃん。出すんじゃなかった。情けをかけるんじゃなかった」と論創社さんに思わせたくない!  で、7月に出して約3カ月。はい、まだ重版の声は聞こえてきません。ほんの数千部の出版なのに、売り切れません。どーしてなんでしょう?  中川いさみさんのイラストがついて、二倍、面白いのに!  僕は基本的にエッセーの依頼は断っています。全部を、この連載に書くためです。他で書き始めると、この連載が薄まると思っているのです。  今、鴻上が思っていることを全部ぶち込むのがこの連載だと思っているのです。なのにっ、売れない。 『ドン・キホーテ走る』は、連載3年半分が載っています。分厚いです。  どうだ、人助けだと思って、買ってみないか。税別1700円だ。
ドン・キホーテ 笑う! (ドン・キホーテのピアス19)

『週刊SPA!』(扶桑社)好評連載コラムの待望の単行本化 第19弾!2018年1月2・9日合併号〜2020年5月26日号まで、全96本。
1
2
ドン・キホーテ走る

『週刊SPA!』(扶桑社)好評連載コラム「ドン・キホーテのピアス」待望の単行本化 第18弾!

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事