カーライフ

見飽きたアウディの小さな顔の変化に中高年カーマニアのココロはメロメロ!

 ところが、それをブレイクスルーするモデルが現れた。新型A1である。この顔を見てけろや! 他のモデルとは明らかに違うっぺ!  どこが違うかって? わかんねえのかよオメエ! ほれ、口の上に鼻の穴が3つ並んでるだろ! 他のアウディにはこれねえべ? 一発で見分けつくだろがい!
オートクラブ

NEW AUDI A1

担当K:どこの方言のつもりです? オレ:もちろん津軽。 担当K:全然違いますよ。どっちかっていうと茨城じゃないですか?  まあええべ、津軽弁でも茨城弁でも。とにかく新型A1の顔は見分けがつく! しかもカッコいい! 鼻の穴が3つついただけでイメージがガラッと違う! やんちゃで愛嬌があって、それでいて素直で一本気なスポーツマンっぽい顔になったじゃないかあ!  この3つの鼻の穴は、’80年代に世界のラリーシーンを席捲したアウディ・スポーツクワトロのオマージュだという。確かに当時のスポーツクワトロには、ボンネットに3つのスリットが並んでいた。つまりこの鼻の穴は、空気をいっぱい吸い込んでいっぱいパワーを出すぞ!と予感させるアイコンなのだ。  同時に我々カーマニアは、このA1のデザインに、ラリーにおいてスポーツクワトロの最大のライバルだったマシンのイメージをも投影してしまっていた。  その名は、栄光の名車・ランチアデルタインテグラーレ!
オートクラブ

ランチアデルタインテグラーレ

 穴がいっぱい開いた顔もさることながら、斜めから見たシルエットがよく似てるんだよ! インテグラーレに似てるってだけで中高年カーマニアのココロはもうメロメロ! 新型A1ラブになってしまいました。 「この顔はいいですね。イケメンなのに鼻毛が出ている感じの愛らしさがあって、今のアウディの中では一番好きですよ!」(担当K)  オレも一番好き! というか欲しいでちゅ! 走りも乗り心地もとってもいいし、お値段も1500ccターボの上級モデルで300万円台後半。来年には1000ccターボを積んだもっと安いグレードも出るみたい! これに乗れば、現代のインテグラーレ気分を満喫できそうでワクワクしちゃう! ランチアじゃなくてアウディだけど! 担当K:ところでこの鼻の穴、実はダミーだって知ってました? オレ:げっ! ホントだ! ふさがってる……(涙)。 【結論!】 鼻の穴はふさがっているけれど、そんなこたあいい! やっぱりクルマは顔が命! とにかく新型A1はカッコよくて中高年カーマニアの郷愁をそそりまくる! 初恋の人に会って心を鷲掴みされたような気分でちゅ~1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事