カーライフ

トヨタvs日産vsホンダの勝者は誰? オリンピックイヤーは三つ巴のガチンコ対決

雌雄を決するコンパクトカー三つ巴決戦!

――ホンダと日産がいます。図らずもフィットがブレーキトラブルで発売延期されたことで、トヨタ、ホンダ、日産のコンパクトカー三つ巴決戦が実現します。 渡辺:コンパクトカーの主力モデルが3つ並ぶのは相当珍しいこと。今までなかったんじゃないかな。今わかってることは、ヤリスもフィットも新しいハイブリッドシステムになるということ。ノートのe-POWERはわかりませんが。 清水:日本ではヤリスをそんなに売ろうと思ってないんじゃないかな。
オートクラブ

トヨタ・ヤリス

オートクラブ

トヨタ・ヤリス ’20年2月発売

渡辺:フィットとヤリスは面白い勝負になるんじゃないですか。新しいハイブリッド、内装のしつらえや質感、パッケージなど総合力の高いフィット。一方、シャシーのヤリス。デキは相当すごいですよ。 ――デザインはどちらが? 清水:日本では断然フィットだね。柴犬をモチーフにしたのもイイ。
オートクラブ

ホンダ・フィット

オートクラブ

ホンダ・フィット ’20年2月発売

渡辺:若い韓国人デザイナーなんですよね。今、自動車メーカーの主力デザイナーは韓国人なので、よくある話ではあるんですが、これだけ日韓関係が冷え込んでいるときに、彼ですと表に出してきたホンダはエライなあと思いました。 清水:ヤリスのデザインは日本向きじゃないよね。でもトヨタはタマが多いからなんの問題もない。日本はトヨタを先頭に前進あるのみ! トヨタがいれば大丈夫だ!(笑) 渡辺:トヨタとともに国土強靭化にまい進ですね。 <写真/DAIHATSU TOYOTA Honda NISSAN>1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠