ライフ

子供に何歳からネットを触らせていい? ひろゆきの考えは…

「子供とネット」の付き合い方を考える上での大前提

子供とネット 人間は年を取ると新しいモノを否定してしまう傾向があります。特に成功している人ほど「過去の自分はそんなものは使わなかった」という自負があったりするので、余計に頑固に新しいモノや技術を否定したりしますよね。  ただ、子供たちは、そういった大人がいなくなった後の社会を生きていく必要があるので、新しいモノを受け入れたり、使いこなしたりしていかなければなりません。  そんな新しいモノのなかで子供に使わせるか悩む代表格としてインターネットがあります。SNSや出会い系などを使った事件が話題になるからか、「子供にインターネットを触らせるべきではない」という意見や、「何歳からインターネットを触らせればいいのか?」と考える親もいると思うのですね。  とはいえ、いくら親が触らせないようにしても、インターネットに触らないようにしながら生活ができるのか?と考えると難しい気がしてならないのですよ。  今の時代、一度外に出ればインターネットに触れる機会はそこかしこに転がっています。図書館や家電量販店にはインターネットにアクセスできる端末が設置してあって、学校にもインターネットができる端末が置かれていたりします。もちろん学校の端末にはキッズ用のフィルタリング設定がされていたりもしますが、商店や図書館にある端末だとそういった設定はなく、どんなサイトにも自由にアクセスできたりするわけです。  他にも友達の家に行ったらパソコンやタブレットがあってインターネットができてしまうなんてこともあると思います。’14年のアンケートですが、マイナビの調査によれば、54%の人がスマホにパスワードをかけてなかったそうです。ということは、子供が友達の家に行くと、友達の両親が使っているスマホやタブレットのどちらか1台はパスワードなしで使える可能性があるわけです。  しかも、パスワードすらかけないような人が使っているスマホやタブレットにキッズ用の設定を求めることは難しいわけです。となると、自由にインターネットが使える可能性は高くなります。
次のページ 
どうやってインターネットを使えばいいのか
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事