ライフ

キャバ嬢が語る「ドン引きした客からの海外旅行土産」

暑い国で買ってきた溶けてまた固まったチョコレート

ドレス

※写真はイメージです

 酒類は好みが別れるので、ビールぐらいにしておくのが無難だろう。続いて話を聞いたのは、大阪の熟女キャバクラに勤務する桃華さん(仮名・40歳)。 「中国土産でもらった、微妙な出来のピカチュウのぬいぐるみ。しかも振ると『ハッピーバースデー!』と喋るやつ。飛行機の荷物棚に入れて持って帰ってきたそうなんですが、飛行機が揺れる度に『ハッピーバースデー!』と喋っていて、めちゃくちゃうるさかったみたい(笑)。中国土産は正直、何もイラナイですね……。昔は海外の商品なんて何が入っているか分からないからコワイ! と思ってたのですが、今は韓国のフェイスパックならもらって嬉しいかな」  他には「暑い国で買ってきた溶けてまた固まったチョコレート」「ブランド品じゃないポーチなどの小物」「マカダミアナッツ」「お香セット」など、様々な意見があった。定番土産については「ドンキで売ってるし」というのが本音だそう。また、もらって嬉しい土産は「人気のお菓子」「パッケージがかわいいor香りの良いボディクリームやハンドクリーム」と、食べ物派とコスメ派で意見がわかれた。  ちなみにタイでも夜の女の子にぬいぐるみをプレゼントしている客をたまに見かけますが、「絶対イラナイだろ……」と筆者は思います(笑)。<取材・文/カワノアユミ>
―[キャバ嬢に訊け]―
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事