ライフ

子どもにスマホ、何歳から持たせる?/ひろゆき

「何歳から子供にスマホを持たせる?」の問い。僕ならこう答えます

 子供がインターネットに触れる、というと真っ先にスマホを連想する人は多いと思います。 ゲームする子供 最近だと、香川県が「子供のゲームやネットの利用時間を制限する」という条例を検討中だと話題ですが、小学生だけでなく高校生まで対象だそうです。香川県の子供は可哀想ですね。別にゲームやネットができないからではなく、科学的根拠のないことを思い込みで強制してもいいと考える大人が多数派の地域に住んでいるという意味で可哀想だと思うのです。  そもそも「ゲームとは何か?」というと、定義は難しいです。例えば、「脳トレ」という頭の体操的なゲームや、幼児向けのモノの名前や色を覚えるようなスマホアプリは、ゲームなのかというのは疑問です。僕はブラインド・タッチを『北斗の拳』のタイピングゲームで覚えたのですが、こうやってゲームを活用することで効率よく学習や作業をするのは世界中で進んでいる分野だったりします。「NIKE+」というランニング管理アプリも、継続的なランニングを達成すると「称号」をもらえたりするような仕掛けがあります。  そういった世の中の流れを知ったうえでゲームを制限するならまだしも、ただ単純に頭の固い人たちが「ゲーム脳」みたいな科学的根拠のないデマを信じて、未成年の行動を制限してしまうわけです。  大人の都合で子供のゲーム時間を制限したとしても、子供が自発的に勉強しだすことはほぼないわけです。スマホのない時代の子供たちが自発的に勉強していたのか? と思い返せばすぐにわかりそうなものですけど、頭の悪い大人たちは、自分の子供時代を思い出せもしないんですよね……。  この話は、スマホでも同じことが言えます。スマホがあれば世界中の論文を読むこともできれば、知らないことを調べる辞書のような使い方もできます。興味があることを深く知りたいのに、周りの大人に聞いてもわからないし、スマホで調べることができないとなると、学習の機会損失になってしまったりもするわけです。  ということで、「スマホを子供に持たせるのはいつからがいいのか?」という質問に僕が答えるなら、「親と子供が困るようなことをしないのだったら、何歳でもいいと思う」と答えると思うのですね。
次のページ
犯罪自慢や援助交際する大人も
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事