ライフ

「ネットの嘘」の見抜き方、子供にどう教える?/ひろゆき

「嘘を嘘と見抜け」と子供に教える前にやるべきことがある

 最近はわからないことがあると、すぐにネットで調べますよね。例えば、打ち合わせ中に目の前の人が言っていることが正しいかどうかは、その場でネットを使って調べたほうが早かったりもします。 ネット とはいえ、ネットで調べた内容が全て正しいかと言われるとなかなか難しかったりしますし、誤情報の場合もあると思います。  それが大手メディアや政治家の発信であれば、「騙されてもしょうがないよね」と他の人も同情してくれることもあるかもしれませんが、これが誰でも発信できる掲示板やSNS、ブログとかだったりすると微妙だったりします。  最近はネット上でフェイクニュースも多く出回っていて、大人が騙されたりもしています。昔は掲示板とかにネタで嘘情報が書かれていて、科学的根拠のないことを信じている人が、その情報をネット上で拡散していたりもしました。  最近だと血液クレンジングだとか、水素水なんかも科学的な根拠の極めて薄い情報なわけですが、著名人が勧めているからと踊らされている人がいるわけです。しかも、今では誰しもが気軽に情報発信できるツイッターやインスタグラムなどのSNSで情報が自動的に流れてくるのですね。  その昔、僕は2ちゃんねるを「嘘を嘘であると見抜ける人でないと難しい」と言ったことがあったのですが、それは2ちゃんねるに限ったことではありません。  でも、大人でも嘘の見抜き方がわからないのに、子供に嘘の見抜き方を教えるとかは無理な話でして。学歴のない親が無理やり子供に受験勉強をさせても、勉強が嫌いになるだけで学力がつかないという話を聞いたりしますけど、成績の伸ばし方を知らない親が子供の成績を伸ばそうと闇雲に勉強をさせても、勉強が嫌いになるだけですよね……。  親が子供にネットを触らせることに不安を覚えるのは、子供がネットに書かれている嘘を信用してしまったりすることもあると思うのですが、自分がどうやって進めたらいいのかもわからないことを、聞きかじりの知識で子供に教えようとしても逆に悪影響が出たりすることもあったりします。
次のページ
フェイクニュースがあることを体験させる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事