恋愛・結婚

タイに出張のフリして…夜遊びが嫁バレした既婚者に天罰がくだる

「妻には申し訳なかった」と反省の弁を口にするが…

夫婦

我が世の春が終わりを迎え、現在は家族中心の生活を過ごす

 じつは、ここまで駒田さんが家族中心の生活に徹していることには理由がある。 「今だから言えるのですが、不幸中の幸い、妻にバレる少し前まで、カラダの関係の女性が複数人いました。ですが、たまたま縁が切れた後だったので……。もしもその存在まで妻に見つかっていたら、完全に離婚でしたね。そんなこともあり、二度としないと心に決めています。あれから1年経ちましたが、もうだいぶ落ち着きました。私は、妻と子どもを愛しているし、家庭も大事にしています。こんなに大変な思いをするなら、やらなければ良かったと後悔しています」  駒田さんは「妻には申し訳なかった」と繰り返し、反省の色を強く示した。壮絶な修羅場から時は流れ、現在は普通の夫婦生活に戻ったということだろうか。 「いちばん困るのが海外モノのテレビ番組ですね。今、多いじゃないですか。親子3人で今まで平穏に観ていた番組に、タイやフィリピンの映像が流れたら……やっぱり気まずいというか。その瞬間、急いでチャンネルを変えますよ。もちろん妻はなにも言わない。それで再び妻に私の夜遊びを思い出させて文句言われても困るので」  いろいろと大変なようだ。最後に、あえて筆者は意地悪な質問をぶつけてみた。 「もしも本当にバンコクに3日間の出張が決まって、奥さんも了承してくれ、夜の繁華街を一人で歩いていたら、興味も失せたし通り過ぎるだけですかね?」  駒田さんは少し考えたのち、笑いながらこう答えた。 「たぶんですが、本能的に遊んでしまうと思います」  それは、ほんの少し遊んでいた頃に戻ったような表情だった。<取材・文/今永ショウ>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠