ライフ

今話題のオンライン飲みでも人気!? 家飲み需要で販売好調のチューハイの秘密に迫る!

提供:キリンビール株式会社

 最近では仕事はテレワークになり、「休日も気軽に出歩くこともできない」「外食も控えている」といった“巣ごもり状態”が続いている。そんな状況のなか、注目を浴びているのが家飲みやオンライン飲みだ。 「飲みものも食べものも、自分好みのものだけ用意できる」「帰宅の時間を気にしなくてよくて楽」などの、自由かつ手軽な点に魅力があるという。その高まる家飲み需要ハマったのか、あるチューハイが売れに売れている。その商品とは、ストロングチューハイ「麒麟特製ストロング」
「麒麟特製ストロング」は、「本当にうまいストロング」を目指して、上質なうまさと品質感にこだわってできた商品である。4月7日に新発売して、1か月で販売数量5000万本※(前年比170%)を突破し、製造計画を大幅上方修正するほど好調だという。 ※リニューアル発売以降、250ml換算  そもそも近年、ストロングチューハイ市場は拡大を続け、今ではチューハイ市場で6割近いボリュームを占めている。そんななか、ストロングチューハイに対するユーザーのニーズも変化を続け、今では本格感、品質の良さ、こだわりが求められる時代になっているという。そんなストロングチューハイ市場に、「上質系」という新しいカテゴリーを生み出すべく、新発売されたのが、「麒麟特製ストロング」というわけだ。

「麒麟特製ストロング」が今売れている理由。それは……

「麒麟特製ストロング」が好調の要因は2つ考えられる。  1つ目は、こだわり抜いた「上質なうまさ」が受け入れられていること。「麒麟特製ストロング」には、キリンがこだわり抜いて開発した「うまみエキス(特許出願中)」が使われており、お酒の味わい深さを引き立てつつ、アルコール9%なのに独特のクセがない。    飲みごたえと飲みやすさのバランスが取れた「上質なうまさ」が、この爆発的な人気の背景にあるだろう。レモンサワー、ドライサワー、コーラサワー、ホワイトサワー、グレープサワーと5つのフレーバーがラインナップされており、豊富なバリエーションも人気のポイントだ。

爆発的な勢いで売れているのでキリンの工場はフル稼働中

 ちなみに「うまみエキス(特許出願中)」とは、複数の果実を12時間以上煮詰めてうまさを凝縮させたもののこと。このうまみエキスの使用に加えて、レモンにはレモンの、ドライにはドライの一番おいしくなる特別な仕立て方を追求したのが、「麒麟特製ストロング」なのだ。
 2つ目は、やはり家飲み需要にハマったこと。テレワークが中心で会社に行くことがなくなれば、自宅で過ごす時間が長くなる。そうなると、自宅での時間を少しでも上質にしたいと考える人が増えるのは、自然な流れかもしれない。そんななか、「麒麟特製ストロング」のような比較的安価で高品質な商品が支持を集めるのは頷ける。

「麒麟特製ストロング」のラインナップ

 先行きが見えず不安も多い今の状況により、在宅時間が以前よりも増え、どうしたら家での時間を上質で豊かなものにできるかへの関心が高まっている。 いいことがあった日も、なにもなかった日も、一日の終わりに、手間暇かけて丁寧に仕立てた“いいお酒”で幸せな時間を過ごしてほしい。 そんな想いで、麒麟がうまさにこだわり抜いてつくったお酒が麒麟特製ストロングです。 一口飲めばうれしい驚き。 「おー、これいいね。」と言ってもらえるうまさです。 麒麟特製ストロングで、今日一日分の幸せを。  これは「麒麟特製ストロング」に込められたメッセージだ。

「今⽇⼀⽇分の幸せ」を提供してくれる麒麟特製ストロング

 テレワークによる在宅勤務後、この機会にやっている部屋の整理後、子どもが寝てちょっと、ひと息つけるとき……。ちょっとした上質な時間を過ごすために「麒麟特製ストロング」を飲んで、今日もお酒がおいしいなあと思う。そういう時間を幸せに思ったって悪いことはない。  <文/日刊SPA!取材班> 提供:キリンビール株式会社
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事