ライフ

コロナ禍で議論される「9月入学」は、問題の先送りでは?/ひろゆき

コロナ禍で議論される「9月入学」は問題の先送りでは?

学校 物事を判断するタイミングで、「今すぐ判断するべきか、その場で判断を先送りするべきか」という選択をすることはよくあります。  当然ですが、先延ばしにすることで判断材料となる情報が増えてくるような場合、判断を先送りしたほうが良かったりします。逆に、将来的に情報が増えることが未確定だったり未来の予測が立てにくかったりする場合は、その場で判断したほうが準備期間を長く取れたりするメリットがあります。  ところが、大人の世界では、面倒くさいからという理由や判断をした人が責任を問われることもあったりすることから、今すぐ判断をしたほうが良いことであっても先送りにすることが多々あります。  昨今話題になっている9月入学の制度にも、それが当てはまるような気がしています。  現在、新型コロナウイルスの影響で日本のほとんどの学校は休校になっています。新入生なのに一日も登校をしていない生徒や、宿題は大量に出すもののオンライン授業を実施せず、授業の遅れが出ている学校もあったりするようです。  なので、「授業の遅れを取り戻すために9月入学の制度を導入するのはどうか?」という議論が大人たちの間でされているわけです。9月入学にすると休校期間の授業の遅れがチャラになることや、欧米では9月入学の国も多いからか、賛意を示す都道府県知事もいたりします。  とはいえ、本当に9月入学にすれば解決するのか? というのは疑問です。  現状、学校が休校になっている理由は、新型コロナウイルスのクラスター感染源になることを避けるためです。それを9月入学に変えたからといって、新型コロナウイルスのクラスター感染源にならないという理由がどこにあるのか、僕にはわかりません。  アメリカの国立アレルギー感染症研究所の所長も「ワクチンの完成には1年から1年半はかかる」と言っていますし、感染防止に100億円以上の寄付を公言しているビル・ゲイツも「ワクチン開発は最短で9か月」と言っています。  どちらにしろ、ワクチンができるのは来年なのですね。
次のページ
できるだけ早く子供たちに学習できる機会を与えること
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事