ライフ

ゆとり教育でも、やりようによっては成功できた!?/ひろゆき

ゆとり教育でも、やりようによっては成功できた!?

ゆとり教育

※写真はイメージです

 ゆとり教育の成功例としてよく挙げられるフィンランドは、20~24歳の大卒月収の平均が2520ユーロ、1ユーロ120円換算で約30万円。一方で、日本は大卒22歳ぐらいの初任給は平均21万円。教育を終えて社会に出るだけで、10万円ぐらい差が出ています。  ちなみに’18年の国際学習到達度調査(PISA)における読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの順位はフィンランドが7位、16位、6位。日本は15位、6位、5位とほぼ同等です。  こうやって見ると、ゆとり教育そのものが悪いのではなく、「日本のゆとり教育が間違っている」、もっと言うと「日本の先生が悪い」というのが正解ではないかと思えてくるのですね。  フィンランドの授業日数は世界でも最低レベルで、学校の授業日数は約190日。日本の子供たちはフィンランドの子供と比べて約40日多く学校に通っていることになるのですが、社会人になると日本人はフィンランド人より約10万円給料が低くなる。しかも、フィンランドは大学が無償なのに、大学の学費で数百万円払っているのに、です。  フィンランドの大学進学率は30%程度で、高校を卒業したあとに職業訓練校といって日本でいうところの専門学校に通う学生も多いです。日本人学生だと4年間大学で学んだことを社会に出てから全く使わないで働いていたりする人が多いですが、フィンランドだと職業に則した実践的な授業をやっていたりするようなのですね。  例えば、小売店の店頭に置いてある安売りの看板の書き方の授業とか、服屋での洋服の綺麗な畳み方講座、旅行などの観光業の授業などを、その分野で3年以上働いたことのある人が教師になってたりします。そして、教師になってからも5年に一回現場に戻って実務経験を積まないといけないのだそうです。  これが日本の場合だと、社会人を経験したことのない人や、社会人経験はあっても社会から10年以上離れている人が、学生にモノを教えていたりするのですね……。  漢字の書き順よりも、SNSの使い方や、より効率よく調べ物をする検索方法を教えたほうが社会に出たときによっぽど役に立つのですが、日本の先生はそこまで教えることができない。たとえできたとしても、一部の先生だけでしょうし、そういった部分は学習指導要領として重視されてもいないので、ほとんどの学生が卒業したあとに役に立たないような、古文・漢文といった授業を必修にして、学生の貴重な時間を浪費しているわけです。
次のページ
役に立たない授業を減らし、ゆとり教育にする
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事