仕事

さすがイタリアの暴れ馬フェラーリ。なんでこれが通じないの???

やりたいことだけやっていたら、日本の小さなスマホ修理会社が世界のフェラーリと業務提携。でも、契約した途端、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大でF1日本GPは開催中止……。渋谷で働くベンチャー社長がジェットストリームな日々をつづる!  イタリアでウキウキもつかの間、新型コロナウイルスだ。  2月12日に帰国してから、全世界で猛威をふるい、例外なく、すべての事柄が変わった。それでも、いろんな事業が打撃を受けるなか、我らがレディオブックはといえば、コロナで逆に売り上げが爆上がりした業種。本業のスマホ事業はリモートワークの流れからか、スマホやタブレットやPCの購入依頼が相次いだ。

レディオブックって何の会社だっけ?

 そういえば、当欄ではフェラーリの話ばかりであまり触れてなかったが、レディオブックの主たる事業は、スマホやタブレット、PCなどの情報端末機器の買取・販売・レンタル。リモートワークを余儀なくされた世の中において、情報端末機器は今まで以上に生活や仕事に欠かせないアイテムとなったのだ。
レディオブック

レディオブックの事業内容がこれ

 ところでみなさんは普段、スマホやタブレット、PCはどこで購入するだろうか? 「そもそも相場はいくらで、何を気をつけて、自分の使用用途に合わせたものを、どこでどうやって購入したらいいか?」をわかってる人は少ないんじゃないだろうか?  そんななかでレディオブックは、情報端末機器を適正価格で、用途にあったものをスケジュール通りに納品する。そして、いらなくなった情報端末機器は買い取る。おそらくジャンク端末(ガラス割れや電源が入らない端末)は、どこよりも高く買い取れると自負してる。なぜなら、元がiPhone修理屋なもんで。もちろん修理もできる。  とにかく、スマホをはじめとした“情報端末機器のめんどくさいこと”を、まるごとおまかせできるサービスを展開しているのだ。
完全会員制パフェバー

最近は、こんなことも始めてます

 このビジネスが、新型コロナで強制的に訪れたリモートワーク時代にピッタリはまった……。  と、まあここまでの流れだけを読めば、うれしい悲鳴に見えるかもしれないが、実際はそうでもない。
次のページ
昼はセンシティブな本業に、夜は暴れ馬の相手に奔走!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事