ライフ

「夏休みの宿題」って、いったいどんな意味があるんでしょう?/ひろゆき

宿題

「夏休みの宿題」って、いったいどんな意味があるんでしょう?

 そろそろ夏休みも終わりに近づいてくる。そんな時期になると子どもたちが考え始めるのが夏休みの宿題です。  僕はというと、夏休みの宿題は8月31日にスタートして、9月になってからもやっていたりしました。  というのも、9月1日の始業式に提出する宿題もあるのですが、モノによっては、提出日が1日じゃなくて、最初の授業のときに提出だったりするので、9月になってからやっても間に合ったりするからです。  まあ、それはさておき、以前この連載で「宿題の必要性」について話題にしたことがありますが、夏休みについても、「やる必要があるのか?」という議論はしばしば話題になります。  僕が親の立場で、子どもが「夏休みの宿題をやりたくない」と言ってきたら、僕なら、その理由を聞いて納得できるのであれば無理にやらせようとはしないと思います。

宿題をやらなければ、子どもは学校で怒られる

 もちろん、宿題をやらなければ、子どもは学校で怒られるわけですが、怒られることは悪いことではないです。むしろ、怒られ慣れていたほうが、その後の人生は楽だとも思います。社会に出ると理不尽に怒られることもあるわけですが、怒られ慣れていない人が社会に出て怒られてしまうと鬱病になったりするリスクも高くなるので、子どものうちに慣れておくというのも大切です。  仮に宿題をやらないことで内申点が下がり、それで子どもが進学に悩むようであれば、自ら宿題をやればいいし、内申点を無視してテストの点数のみで合格を狙うという選択肢を選ぶこともできるわけです。  親がしてあげられることは、自分がやった行為がどういう結果になるのかを教えること。それで、子ども自身に選ばせると思います。
次のページ
宿題自体には、子どもにとって必要なものと不必要なものがある
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事