仕事

最高のパフェを食べながらスマホの修理を待つ。そんなサービスはなぜ生まれた?

 我がレディオブックの理念は「やりたくないことをやらなくていい世界をつくる」。その理念に伴ったミッションの1つが、「スマホ(情報端末機器)のやりたくないことをやらなくていいサービスをつくる」だ。  では、スマホの代表的なやりたくないことといえば?
レディブック

やりたくないことはやらない仲間たち田端信太郎さん(真ん中)、リメークイージープロデューサーの萩原キヨトさん(右)

その1 機種変更にかかる煩わしい時間を減らす  まるで役所のようなオペレーションの携帯ショップで無駄なオプション入らされたり、待たされたり、話長かったりする。 その2 壊れたときの修理  そもそも、どこにいったらいいかわからない。iPhoneの場合、Apple Storeは予約で数日待たされる、行っても数時間かかる……。 その3 データバックアップの仕方がわかりにくい、データ移行が面倒くさい  さまざまなクラウドサービスあるが、2年に1回くらいしか使わないのに値段が高い。結局、使い方もわからない。  今や生活、仕事、プライベート、すべてにおいて必要不可欠となったスマホだけど、ざっと上げただけでも上記のような「やりたくないこと」が出てくる。そして、これらを解決できるスマホのいわば駆け込み寺的リーディングカンパニーってなくないか?  リーディングカンパニーっていうのは、簡単に言えば「〇〇といえば〇〇!」とすぐに思いつくレベルの会社ってことだ。  例えば、ハンバーガーといえばマクドナルド、コンビニといえばセブン-イレブン、クルマといえばオートバックスといったサービス(会社)のことだ。みんな不思議に思わない? 1人1台が当たり前なスマホのアフターフォローをできるリーディングカンパニーがないだなんて。  だから、レディオブックは「アイリメーカー」というブランドを立ち上げ、「スマホといえばアイリメーカー」と呼ばれるサービスを作っている。

パフェ食ってるうちにスマホが直ってる!

 そんなアイリメーカーのミッションは何か? その1 時間を削減するサービスをつくる (例)もともと2時間かかる修理を15分で! その2 時間の価値を変えるサービスをつくる (例)2時間かかるけど、その2時間を楽しい時間に変える!  通常のアイリメーカーでは、その1を主なサービスとして構築をしているけど、実は最近、一風変わった「パフェを食べながらスマホ修理ができるサービス」というのを立ち上げた。これは上記のその2をコンセプトにしたサービスで、その名も「Remake easy(リメークイージー)」。  実はこれ、先月クラウドファウディングを仕掛けたところ、Twitterでバズりまして初日で600万超え! あのダルビッシュ選手をはじめ、著名な方々がこぞってツイートやリツイートをかけてくれて大盛況となったのだ。
レディブック

好評につき、現在は募集を終了しました!

レディオブック

自信を持って言います! 最高のパフェです!

 9月5日にレセプションパーティーを終え、9月14日のオープンに向けて現在はテストオープンをしている。
レディオブック

パフェ以外も絶品です!

 アメリカの禁酒法があった時代に、隠れ家として酒飲み場として使われていた「スピークイージー」からインスパイヤされて立ち上げた完全会員制の秘密基地。産地からこだわった旬のフルーツを使用した最高のパフェ。そこにシャンパンやワインといった高級感溢れるお酒を並べる。最高な時間をすごしながら、いつのまにかスマホが直ってる……。そんなサービスになってます(当然、スマホを直さなくても利用できます)。
レディオブック

スマホの修理をしなくてもパフェだけでも食べられます!

 現在おかげさまで会員売り切れ。もしかしたら追加で会員募集をかけるかもしれないので、僕のTwitterを要チェックしといてください!1980年生まれ。青森県弘前市出身。レディオブック株式会社代表取締役/CEO。大学卒業後、プロ格闘家としてデビュー。個人事業主を経てレディオブックを起業。2015年にオンデマンドiPhone修理ブランド「i+Remaker(アイリメーカー)」を⽴ち上げ、単独店舗で年商1億円達成。その後はオンラインサロン「やりやらタウン」の運営や、SNSで大きな話題となった会員制〆パフェバー「RemakeEasy(リメイクイージー)」の運営など、複数の事業を展開。会社としても年商14億円規模まで成長。F1レーシングチームのスクーデリア・フェラーリと公式パートナーシップ契約も締結している。ツイッターアカウントは@yugo_itagaki。著書に『やりたくないことはやらなくていい』(幻冬舎)

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事