恋愛・結婚

求職中のオンナはオチやすい!?

「クリエイティブな仕事はなんでも向いているよ」というアドバイスでオチたそうな。

 女性の「ガードが下がる瞬間」、または「防御力が落ちている状態」についていろいろ考えてきた。例えば年末に帰省しないオンナ、消費者金融の店舗から出てきたオンナ……彼女たちは想像するに、たぶん、スキがありそうだ。そこで今回は求職中のオンナである。なんでも後輩(26歳♀)は、求職中のメンヘラかぶれの女に彼氏を寝取られたという。その彼氏からしてみれば、仕事が決まらずにポヨポヨしている女はさぞかしガードが甘くみえたことだろう。後輩には悪いが、彼氏の気持ちはよくわかる。合掌。

 というわけで、現在発売中の週刊SPA!6月28日号では、「求職中のオンナは本当にオチやすいのか?」という壮大なテーマについて真剣に検証してみた。すると、出てきたのは求職女子が驚くほど簡単に男の甘言にオチてしまったという証言の数々であった。「普段は誘われてもスルーしていたんですけど、そのときは心が折れていたこともあって即OK。全肯定されるのが嬉しくて勢いで一夜を共にしてしまいました」(26歳・雅子さん)、「サークルの会計なんかをやっていたサエない男でしたが、今は保険会社勤務で人脈豊富だって聞いて。気が付けば『夜のキャリアセミナー』が始まっていた」(29歳・麻美さん)などなど。

 彼女たちのメンタリティは「とにかく先行きが不安」「キャリアアップ」「夢見がち」といった3タイプに分類され、それぞれに特徴があるという。ナンパ師のsai氏によれば、「どのタイプも基本は全肯定することが大切」で、それぞれに有効な戦略があるのだとか。ちなみに女衒めいた本企画だが、担当は29歳の女性編集者。女ゴコロを分析する眼差しに、圧倒的なリアリティが。って、転職しようとしているんじゃ!?

⇒詳しくは週刊SPA!6/28号にて(電子雑誌版も発売中)

文/犬飼孝司(本誌)




おすすめ記事