ライフ

子供にとって、やっぱり「留学」って得難い経験だという話/ひろゆき

留学

子供にとって、やっぱり「留学」って得難い経験だという話

 子供を育てていると、留学についての話題が出てくることがあります。僕は大学生のときに、タクシーにはねられて治療費などのお金が貰えたので、それを留学費に充ててアメリカの大学に留学したのですが、当時大学生だった自分の選択は正しかったなぁ……と、今でも思っていたりします。  というのも、留学で英語がそれなりに話せるようになったのと、海外での生活や文化に慣れることで日本人視点を持ちながら外国人視点も持てるようになったからです。  以前も書いたように、日本の人口は減少傾向で経済的にも縮小傾向と言われています。今後日本が厳しくなると、海外を相手に外国語で仕事をする必要が出てきます。あと、外国語ができると日本でつらい思いで我慢しながら働いて生活をしなくても済むという選択肢もできるので、余裕ができたりもします。  そんなことに誰しもが気づいているからか、「子供が外国語を話せたらいいな」「外国の文化を学ばせたい」と考える親は少なくないです。僕の知り合いでもお金に不自由してない人は、子供をインターナショナルスクールに入れたり留学させている率が異常に高かったりします。  とはいえ、インタースクールに通わせたとしても、外国の文化を学べたり外国語を喋れるようになるかは微妙です。ちょっと前に、「駅前留学」とかもありましたけど、僕の周りで海外での生活をせずにちゃんと外国語を喋れるようになった人はいません。

外国に留学したほうが早いし安い

 言語というのは、経験上、その国に住めばある程度は話せるようになりますけど、その国に住まないで話せるようになるのは相当大変なことだったりします。  某経営者も日本で英語を身につけようと年間契約で外国人英語教師を雇ったものの、話すことがなさすぎて途中で心が折れたそうです。その代わりに、暇になった英語教師に経営者の子供が遊んでもらおうとした結果、子供が英語を覚えたということはあるみたいです。  この子供のように英語を覚える必要がある環境を整えれば、日本でも英語を学べるとは思いますが、レアケースな上に費用もかかるので、それなら外国に留学したほうが早いし安いんですよね。ということで留学はオススメなのですが、1か月とか3か月とかの短期的な留学は、旅行と変わらないので意味がないと思うのです。
次のページ
それなりに海外で生活する必要がある
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事