ライフ

子育てを「不安に感じる」ことは、親としていいことだ/ひろゆき

ひろゆき

写真はイメージです

不確定な未来や未知のことが不安なのは当たり前

 今の日本は不景気で、コロナ禍による失業リスクやうつ病になる可能性を孕んでいます。そんな不安定な状態が続けば精神衛生的にあまりいい状況とは言えないわけで、多くの人は不安を感じていると思います。  でも、ここで思うのは「人間、不確定な未来や未知のことを不安に感じるのは至極まっとうじゃね?」ということです。  新型コロナウイルスの影響で倒産件数が増え、日本では欧米に比べてワクチン接種が普及していない。終わりが全く見えない状況で、すでに資産的にゴールしている人ではなく、普通に働かないと食っていけない人が不安を感じないとしたら、それはちょっと鈍感すぎる人のような気がします。

不安を感じることは決して悪いことではない

 それは、子育てでも同じことが言えると思うんですよ。  子育てをしたことのない人が子育てに不安を感じるとか、「自分も毒親になってしまうかもしれない」と危惧するのは、まともな人間のリアクションです。絶対に風邪をひかない人がいないように、絶対に子育てでノイローゼにならないという人もいません。  頭の悪い人は、「うつ病は根性で治る」とか考えるようですが、根性でうつ病が治ることを論文で証明できれば、それは、もうノーベル賞モノの大発見です。  つまり、どんな親でも毒親になる可能性はある。「自分も毒親になるかもしれない」と自問できている人は、それだけで十分まともだと思うのです。そういう人は、「自分の考えや行動が絶対に正しい」と思い込まず、他人の忠告をありがたく聞けますし、他人からのアドバイスを排除しません。  だから、不安を感じることは決して悪いことではないのです。
次のページ
子どもが異常事態を認識できないのは普通
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事