ライフ

ワインにうるさい髭男爵もびっくり。糖質オフのワインなのに「ちゃんとうまい」ワケ

サントリーワインインターナショナル株式会社

好きなワインを好きなときに飲みたい

「健康に気を遣いつつ好きなワインを好きなときに飲みたい」うなだれる山田ルイ53世にひぐち君が用意したのは…

 お酒好きのアラフォー世代にとって、夜飯時の晩酌は欠かせないひととき。と同時に、健康にも気を遣わなければならないお年頃、体のことを気にして、糖質オフやカロリーオフなど、機能系のビールやチューハイを選択する人は多い。今年46歳になる髭男爵の山田ルイ53世もその一人だ。 山田ルイ53世(以下、山田):昔はアルコール度数の高いお酒をロックやストレートであおるのがダンディズムでしたけど、子供、特に二人目(現在2歳)が産まれてからは、意識的に飲む量を控えたり、オフ商品を手にすることが増えましたね。子供が成人するまで健康でいたいというのもありますしね。  近年、物書き仕事の増えた山田は、子供が寝静まったあと「文豪コント」と称して、ひとり書斎でグラスを傾けながら、文章を綴ることが多くなったという。 山田:文豪たちの筆力が乗り移った気がするんですよ(笑)。ただ、お酒ってそういう生活や仕事の小道具として嗜むのもいいけど、本来自由なもんじゃないですか。健康に気を遣いつつ、好きなお酒を好きなときに飲みたいってのが本音ですよ。  大きな体を少し丸めてそう話す山田はどこか寂しげ。そこに「糖質オフなのに、すごく美味しいワインがあるんですよ」と颯爽と現れたのは相方のひぐち君だ。

糖質オフのワインなのにうまいワケ

「ワインの糖質オフ? 本当にうまいのか?」訝しがる山田であったが…

 実は日本ソムリエ協会認定の「ワインエキスパート」の資格を持つひぐち君。手に持つのはサントリーの「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。糖質30%オフ(※1)」(以下、おいしいワイン。糖質オフ)。すでに販売し、国内ワイン市場売上容量No.1(※2)の「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」の、糖質オフ版だ。 ※1 「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。(赤)」「同(白)」の平均値との比較 ※2 インテージSRI+調べ国内ワイン市場2020年8月〜2021年7月販売容量(全国SM/CVS/酒DS/ホームセンター/ドラッグストア/⼀般酒店/業務用酒店計)

「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。糖質30%オフ」の赤と白

山田:すごい形容詞が長い商品名ですね。ワインなのに糖質オフ? 薄くて飲みごたえがないんじゃない? ひぐち君(以下、ひぐち):まあまあ、そう言わずに一口。  手慣れた仕草でワインを注いだコップを渡すひぐち君。訝しげに口をつけた山田は、目を大きく見開き「ん? んんっ?」と驚声をあげる。

さっきまでの疑いの目はどこへやら、すっかりご満悦の山田

山田:なにこのワイン。僕がワインでイヤって思う部分…こう、喉のあたりが「キュッ」て、しんどくなる感じがまったくない。 ひぐち:喉のあたりがしんどくなるのは、ワイン特有の酸味や渋み。ワイン上級者はそれをおいしいって言いがちだけど、ワインを飲み慣れてない人には酸っぱいとか、飲んでて疲れるってなりがちなんですよ。 山田:じゃあ、玄人が好まない、本格的じゃない味ってこと? ひぐち:いや、それがこの「おいしいワイン。糖質オフ」は、驚くほど果実味がちゃんとあるんです。赤ワインはブルーベリーやカシスみたいな果実感で白ワインは洋梨、白桃、かりんみたいな果実感がある。果実感があるってのが重要で、ボリュームも出てくるし、飲みごたえもありますからね

ワインエキスパートのひぐち君。プロの視点で出した答えは…

山田:なるほど。さすが家でどぶろくワインつくってるだけあって説得力はあるな。 ひぐち:いやいや、それ捕まるやつだから。毎日飲んでるけどつくってはない。

果実感が強いからどんな料理にも合う

 冗談を飛ばしつつ「これは本当に飲みやすいなぁ」と、おかわりをする山田。 山田:これだけ飲みやすいと、ワインにあの「キュッ」はいらないと思う。この「おいしいワイン。糖質オフ」がクラスにすぐ溶け込む転校生なら、高級ワインはイケすかない実力者の息子か。 ひぐち:いやいや。あの「キュッ」は、あれはあれで肉料理に合う。でも、「おいしいワイン。糖質オフ」が誰とでも仲良くなるタイプってのは間違いないかもね。 山田:そうでしょ。「昨日転校してきたのに、もうドッヂボールするのか」ってタイプだもんな。 ひぐち:その例え話はおいといて、誰とでも仲良くなるって言ったのは、どんな料理とも合うってこと。果実感の強さが料理の味を引き出してくれるし、糖質を気にしている人にはコンビニのグリルチキンもいい。きんぴらごぼうとか、醤油味の和食にも合いそう。

カマンベール入り6Pチーズ、胸肉のグリルチキン、味付き半熟たまご、スモークタン、ミックスオリーブなどコンビニで気軽に買える低糖質おつまみと合わせることで、糖質オフなのに満足感ある晩酌が可能に。またひぐち君いわく「和のおつまみとも合うワイン」なので、きんぴらごぼうなどもオススメ

山田:チョコは? ひぐち:え、チョコ? なんで? 山田:いや、せっかく糖質30%もオフなので、その分チョコ食べてもお釣りがくる。 ひぐち:なんか本末転倒な気もするけど、どんな組み合わせでもカジュアルに楽しめるワインってことは間違いないよね。氷入れて飲むのもアリだし、アウトドアに持っていくのもいいと思う。 山田:ロマネコンティに氷を入れても、怒られない人間に、私はなりたい。 ひぐち:どんだけ自由なんだよ。

毎日ルネッサンスしたくなる味

「毎日の食卓にぴったりのワインやないかーい」髭男爵もお墨付きだ

 髭男爵の二人が「毎日ルネッサンスしたくなる味」と絶賛する「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。糖質30%オフ」は、糖質オフなのにワインとしての厚み、満足感のある味わいを実現。ワイン初心者から上級者まで、誰もが毎日の食事をよりおいしく、豊かにするための1本だ。写真の720mlに加え、大容量パックの1.8Lもあるので、その時々のシーンに合わせて選択したい。

髭男爵も思わずルネッサンスした
「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。糖質30%オフ」の詳細はコチラ

髭男爵 山田ルイ53世(46歳) ひぐち君(47歳) 1999年結成。「ルネッサーンス」のフレーズとワイングラスでの”乾杯漫才”で2008年ブレイク。 現在、山田は書籍やコラムなどの文筆業やコメンテーターや講演会なども務め、ひぐち君は日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得、ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)に就任した。 【撮影/木村和敬(ブロウアップ) 取材・文/日刊SPA!編集部】 <提供/サントリーワインインターナショナル株式会社> お客様センター https://www.suntory.co.jp/customer/  ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事