エンタメ

「コロナ禍でのアイドル活動、何が流行しているの?」森ふうかに聞く

最近のリターンの主流は『見学会』

 また、コロナ禍でブームが再燃したのが支援型プラットフォームの「クラウドファンディング」だ。 「コロナ前までクラウドファンディングは相当な理由がないと使いにくい雰囲気でしたが、コロナ禍の危機で助けを求めやすくなったことで利用するアイドルも増えました。  また、サイトによってはコロナで影響を受けた業種なら手数料が0%になるサービスも。サポートも手厚くなっていますね。  最近のリターンの主流はMVやレコーディングの『見学会』。オンラインや人数制限などで工夫してファンが喜ぶリターンをお返ししています」

〈オンライン特典会3大ツール〉

●ONLY FIVE ファン心をくすぐるのが各種商品「先着5名」という部分。自分専用の「おやすみ動画」も人気だ ●talkport 相場は2分で2000円程度。通常の握手会と比べてもお得感があるという声も多いとファンにも好評 ●クラウドファンディング 森氏もコロナ禍でクラウドファンディングを活用。総額380万円の活動資金で楽曲制作やイベント開催に励んだ 【森 ふうか氏】 フリーランスで活動するアイドル。自身のアイドル活動のほか、新人アイドルのプロデュースを行うなど、マルチに活動している <取材・文/週刊SPA!編集部>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠