エンタメ

アンチTwitter&反facebook Tシャツ上陸中!!

「おまえのくだらねーツイッターのつぶやき、誰も見てねーから」

「テメェのバカなフェイスブックの投稿、チェックしてるヤツは誰もいないし」


NO ONE READ YOUR STUPID TWEETS

"NO ONE READ YOUR STUPID TWEETS"と書かれたTシャツ。アキバにこれを着ていけばインパクト大?


 そんな刺激的な英語の文言がプリントされたTシャツが、今、アメリカを中心に密かに話題を呼んでいるという。ニューヨーク在住の日本人ファッションライターは言う。

「アメリカではメッセージ性のあるTシャツを着るのはファッションのいちジャンルとして定着しています。『共和党支持』『ビン・ラディン殺害バンザイ』など政治的な文言から、『ナンバー1ビッチ』『ファッションセンスがないのでこんなTシャツを着ています』などジョーク色の強いものまで様々。そんな中、フェイスブック(facebook)やツイッター(twitter)、タンブラー(tumblr)など、ネットで流行中のSNSを茶化したアイテムが増えているんです。クラブやライブなんかに行くと、若者たちがけっこう着ていますね。多くはデザイナー集団や個人が作ったもので、ネット上で販売しています。種類も豊富で値段も2,500~3,000円程度なので、ワンシーズンだけ着て楽むといった人が多いようです」

 フェイスブックやツイッターを合わせたユーザー数は、世界で7億人以上といわれている。世界的流行となる中、SNSでの人間関係に疲れてしまった人、個人情報の流出や炎上などでヒドイ目に遭った人、そもそも流行に対してモノ申したい天邪鬼な人たち……もかなりの数にのぼるのだろう。そんな人たちのために、こうしたTシャツを販売サイトには、数百種類にも及ぶデザインの“アンチSNS”Tシャツが売られているのだ。

 一例を紹介すると……。

“I’m huge on twitter”(俺はツイッターでは影響力がある)

“I even tweet when I poop”(ウンコしてるときもつぶやいてます)

“Most of my friend are JPEGs”(私の友達の多くはJPEG写真です)

“Sex with your girlfriend…69 People like this”(おめえの彼女とヤったぜ。69人がいいね!と言っています)

 ちなみにこうしたメッセージTシャツは海外の通販サイトから購入が可能だ。とくにcafepress.comzazzle.comなど個人がデザインした衣類や小物を販売するサイトなどでこうした商品が購入できる。本誌編集Kが実際に購入したところ、注文から1週間程度で日本に届いた。Tシャツ4枚+送料で1万円前後だった。

facebook joke t-shirt

「facebook joke t-shirt」などと検索すれば、販売サイトが簡単に見つかる

 今年の夏、みんなと違ったデザインのTシャツを着たいと思ってる人は、トライしてみては? とくにSNSに辟易しているそこの君、繁華街で意思表示すべし!




おすすめ記事