ニュース

サメを絞め殺した漁師が話題に なぜ殺せたか?

イタチザメ

イタチザメ

 転覆した漁船の乗組員がサメに襲われつつも、逆にサメを絞め殺して生き延び、救助されたというニュースがネットを賑わせている。

『「生きるぞ」と励まし合い、サメと闘い救助待つ』
(読売新聞)

 サメに襲われたのは鹿児島市の喜入町漁協所属のはえ縄漁船「春日丸」の乗組員。3月23日に奄美大島沖で転覆した後、真っ暗な海を発泡スチロールや漁具などにつかまりながら漂流。その途中でサメに襲われたという。

 救助された乗組員を襲ったサメは「イタチザメ」という種類。サメの中でも何でも食べてしまう傾向が強い魚種で、非常に獰猛な種類のサメだとされている。こんなサメに襲われつつ、なんと「絞め殺し」て返り討ちにしてしまったのだから凄い。ネットでも「漁師強い」「バキに出るレベル」と驚嘆の声が挙がっている。それにしても、サメを「絞め殺す」というのは果たして可能なのだろうか?

 サメの生態に詳しい水族館員は語る。

「イタチザメというのはサメの中でも遊泳性と言われるもので、この種類のサメはマグロなど同様、泳ぎ続けて口にある呼吸孔から酸素を十分に含んだ海水を送り込むことで呼吸しています。そのため、泳げないと酸素を取り込むことが出来ずに呼吸困難に陥って死んでしまうんです。報じられた情報からしか推測できませんが、おそらく漁師の方は必死にサメを羽交い締めにしたことでサメが泳げなくなって窒息死したのではないでしょうか? それにしても漂流で体力が落ちている上にサメに襲われて負傷した状況で、体長1mとイタチザメにしては小型とはいえ2匹も仕留められるとは……。“バキに出るレベル”という感想は私もいだいてしまいます」

 理論的には可能なようだが、パニックに陥りそうな状況の中、このような対応ができるとはやはり凄いとしか言いようがない……。

 残念なことに、2人の乗組員の方がいまだ行方不明のまま。彼らも無事であって欲しいものだ。

<取材・文/日刊SPA!取材班 画像/CK | PHOTOGRAPHER




おすすめ記事