恋愛・結婚

「適齢期を過ぎても結婚に踏み切れない男性」の共通点。高年収でも要注意

婚活歴5年超の40歳男性が抱える苦悩

婚活男性 サトルさん(仮名・40歳)は両親との関係があまり良好とはいえない家庭環境で育った男性。婚活は35歳から行っており、彼女はできるものの結婚まで進めないという悩みを持っていました。 「なぜ結婚まで進めないのか?」とサトルさんに聞いてみたところ、「付き合うときは結婚前提で考えるのですが、いざ相手が自分に気持ちが向き、結婚のプレッシャーを感じ始めると、急に結婚したいと思えなくなってしまい、相手からフラれるパターンもあるし、自分から別れを伝えるときもありました」とのこと。  しかし、とても結婚したいという気持ちはあるようで、「40歳になりやっぱり子供がほしいという気持ちが強くなりました。次こそと思ってアプリなどをやっていましたが、ここ2年彼女もできなくなってしまい……」と苦悩を打ち明けてくれました。

結婚に対して自信が持てなかった理由

 そんな悩みから私がサポートしていくことになりました。結果からお伝えすると、サトルさんはその後も3回、真剣交際が破談になりました。  お相手からとても前向きに結婚も視野に入れてお付き合いしたいと言われるのにもかかわらず、サトルさんが「もう少し考えたい……」と先延ばしにして破談になったり、「自分がいいなと思える人じゃない気がする」と関係性が進展してくる急にブレーキがかかってしまったりしていたのです。  原因をサトルさんとともに探っていくと、両親との関係からくる「結婚」に対する彼の自信のなさが思い当たりました。
次のページ
なぜ自己肯定感を上げることが簡単ではないのか?
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート