ライフ

「自分はおじさんじゃない」と思っている“アップデート中毒おじさん”。イケおじとの違いは?

場面別、嫌われおじさんの特徴

 40~60歳の男性500人に「嫌いな同世代の特徴」をアンケートを実施。その結果から、仕事、プライベート、SNS、見た目・マナー、各場面で好感度を下げる行動が判明。識者および編集部が独自に「嫌われ指数」を算出した。数字が大きいほど、嫌われやすいポイントだ。 アップデート中毒おじさん

<仕事>

・自己啓発本を強要……指数90 ・横文字ビジネスワードでマウント……指数85 ・『鬼滅の刃』など流行に例えて話してくる……指数72

<プライベート>

・飲み会でMC気取り……指数88 ・2次会、3次会は当たり前……指数86 ・経験人数=男の価値と考える……指数81

<見た目・マナー>

・髪色で遊んでいる……指数91 ・ブランド物で全身を固める……指数84 ・EXILE系の服を愛用……指数82

<SNS>

・自撮りを投稿……指数79 ・本の感想を投稿……指数72 ・インフルエンサーの投稿をリツイート……指数71 【博報堂生活総合研究所上席研究員 前沢裕文氏】 ’00年、博報堂入社。現PR局、営業局、クリエイティブ局にて、PR発想を起点とした統合コミュニケーションの企画制作に携わり、’19年から現職 【プロ営業師・高山洋平氏】 ’79年生まれ。おくりバント社長。「プロ営業師」の異名をとる、コミュニケーションの達人。著書に『ビジネス書を捨てよ、街へ出よう』(総合法令出版) 【アドウェイズ・西久保 剛氏】 インターネット広告代理店、アドウェイズ人事推進室シニアストラテジスト。「社員に愛されるより社員を愛する会社に」が目標。ツイッターは@nishikubotsuyo <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/サダ>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事