ライフ

東大生が感動した「読みやすいのに“効率的な勉強の方法”が身につく本」ベスト3

○『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』

古野俊幸著(日経BP)
ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型

『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』

 先ほど、僕は「勉強にはいろいろなやり方がある」と言いました。実はこれ、仕方のないことなんです。「効率のいい勉強法」というのは、勉強する人の性格によって変わります。 「じゃあ、どうやって自分に合った方法を見つければいいんだ!」と思われた方に朗報です。この本では、FFS理論(FFS=Five Factors & Stressの略語)というテストによって、自分にあった勉強の方法を診断してくれます!  この『あなたが伸びる学び型』は、まず本に封入されているプロダクトコードを使って『FFS理論Web診断テスト』を受けるところから始まります。

「効率的な勉強の方法」は人それぞれ

 この診断では「凝縮性」「受容性」「弁別性」「拡散性」「保全性」の5つの要素を基にして、自分の性格タイプを教えてくれます。そして、本の中でそれぞれのタイプの違いや、各タイプに見合った勉強の方法などを学べるのです。  自分はコツコツやっていけるタイプなのか、それとも〆切ギリギリにババっと全部済ませてしまいたいタイプなのか。ここを認識しているだけでも、ずいぶんと心持ちが変わってきますよね。 「勉強しても全然伸びない」という悩みは「勉強のやり方」があっていないことが原因かもしれません。一度、試しに自己診断してみてはいかがでしょうか?
次のページ
アウトプットすることで勉強の質は高まる
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白