お金

東京の80歳が地方出身大学生と共同生活。月2万円でホームシェア

自分に幸せを追求することが人生を豊かにする秘訣

[今から備える]60歳で[もう働かない]技術

’22年3月から同居する大学院生の栗林さん

 家賃の代わりに、水道光熱費や日用品費として、若者から毎月2万円をもらう。「孫に使えるお小遣いが増えた」とほほ笑む宮本さん。  ’22年3月から同居する大学院生の栗林さんは宮本さんのことを「将来を楽しみにさせてくれる、いい先輩」という。 「介護を始めた頃、階段の途中で座り込んだ妻。困った顔の彼女を見て、大声でバカ笑いしたら一緒に微笑んでくれた。困った現状を受け入れて今が一番と思う気持ちの大切さを、身をもって知りました。  “今が一番いい時期”と即答できるよう自分の幸せを追求することが、人生を豊かにする秘訣です」(宮本さん)  “今”に目を向ければ居場所は自分次第でどこにでもつくれるのだ。 取材・文/週刊SPA!編集部
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ