ニュース

「エホバの証人」元2世信者団体が告発した性暴力。大人になった今も後遺症に苦しむ人々

エホバの証人内で起きた女児への性加害

宗教2世が語る[性暴力の実態]

神奈川県海老名市にあるエホバの証人の日本支部(海老名大会ホール)。広報担当者が取材に答えた

 エホバの証人内で起きた女児への性加害は、ヒエラルキー巡回監督、長老、地域奉士者の順に高い。JW児童虐待被害アーカイブに寄せられた報告をもとにまとめた。 被害者:0~6歳 加害者・役職:30代男性巡回監督 被害:スカートの中を触られ続けた 被害者:6~9歳 加害者・役職:20代男性援助奉仕者 被害:加害者宅で陰部を触られた 被害者:9~12歳 加害者・役職:20代男性一般信者 被害:自宅や車内で性行為をされた 被害者:9~12歳 加害者・役職:40代男性一般信者 被害:人目につかない場所で体を触られた 被害者:12~15歳 加害者・役職:40代男性長老 被害:定期的に裸の姿を覗かれた 被害者:12~15歳 加害者・役職:60代男性一般信者 被害:見つめられ、卑猥な言葉を浴びせられた

聞き取り調査で起きたセカンドレイプ

宗教2世が語る[性暴力の実態]

聞き取り調査における性暴力は、身体的な接触とはまた別の、セカンドレイプという問題をはらんでいる

 JW児童虐待被害アーカイブに寄せられた報告をもとに、セカンドレイプの内容をまとめた。 被害者・性別:12~15歳女性 被害:交際相手の男性と、「胸や下半⾝をどんなふうに触られたのか」など、個室で2人の男性長老から質問され続けた 被害者・性別:15~18歳女性 被害:親同席の上で「性交渉はあったのか」「何回したのか」男性⻑⽼に自白させられた 被害者・性別:15~18歳女性 被害:⻑⽼2⼈と⺟親の前で、「陰茎を膣に入れられたのか」「射精はどうしたのか」など、事細かく性⾏為の流れを話すよう強要された 被害者・性別:15~18歳男性 被害:誰とどのような⾏為を何回したのか⾃⽩を強要された 被害者・性別:18~19歳男性 被害:男性長老3人に対して密室で「どのような性行為をしたか」「どんな気持ちだったか」話すように促された 取材・文/週刊SPA!編集部 写真/産経ビジュアル アフロ
1
2
おすすめ記事
ハッシュタグ