ライフ

紗栄子の「モテ&カネ」本を出せば絶対売れる(辛酸なめ子氏の企画)

出版不況と言われる昨今。でも、企画さえよければ売れるはず。てなわけで、「実現困難だけど、こんな本なら絶対売れる!」というドリーム企画を目利きの皆さんに披露してもらいましょう! ●辛酸なめ子氏 「紗栄子にも叶恭子さんぐらいのサービス精神は欲しいですね」 紗栄子,辛酸なめ子 辛酸なめ子氏が着目したのは、ダルビッシュ有との離婚後、にわかに露出が増えた感のある紗栄子だ。 「ダルビッシュからは高額な養育費ももらっているとか。そんな大物をどうやってゲットできたのか、モテテクを女性に向けて披露してもらいたいですね。何かのインタビューで“ダルビッシュが私の連絡先を聞くのに苦労した”的な話をしていたので、おそらく自分がいかにモテるかを言いたい人だと思われます。もちろん、性的テクニックも必要でしょう。叶恭子さんが自著で名器を作るトレーニングとして“放尿中にあえて3回途切れさせる”と明かしていましたが、紗栄子にもそれくらいのサービス精神は欲しいところです」  ダルビッシュがメジャーで大活躍すれば、元嫁の告白本として海外でもヒットしたりして!?  告白本といえば、こんな企画も。 「先日引退した大橋のぞみちゃんに子役ビジネスの裏側を語ってもらう。元ジャニーズのタレントが出した暴露本のタイトルが、人気絶頂のグループ名を挙げて『光GENJIへ』『SMAPへ』だったので、のぞみちゃんの場合は『愛菜ちゃんへ』でどうでしょう」 ◆黒田清子さんの節約庶民レシピ本  最後は昨今の料理本ブームを踏まえて、意外な人のレシピ本。 「週刊誌にサーヤ(黒田清子さん)がもやしを買ってたという目撃談があって。もやしとはびっくりしましたが、確かご主人の趣味はスーパーカーだったはず。維持費などもかかりそうです。そこで、もやしや豚小間肉など、庶民的な食材を使ったレシピ本に。でも、味つけは元皇族らしく上品なのがポイントです。また、サーヤが鳥類研究所所員だった経験も生かして、いろいろな鳥の旬について紹介するのもいいかもしれません」  鶏以外の野鳥となると、結構お値段張りそうだけどね。 【私の企画案】 大橋のぞみ 著 『愛菜ちゃんへ』 紗栄子 著 『紗栄子のLOVE&SEX&MONEY』 辛酸なめ子 【辛酸なめ子氏】 ’74年生まれ。漫画家、コラムニスト。『セレブマニア』『女子校育ち』『厄除開運人生』ほか著書多数。最新刊『霊道紀行』が5/25発売 イラスト/カネシゲタカシ ― 編集者・書店員らが考えた[妄想ベストセラー]企画会議【4】 ―
霊道紀行

辛酸なめ子×スピリチュアル、異色のエッセイ

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事