エンタメ

萌えの元祖・吾妻ひでおが嘆く!「アグネス・チャンもすっかり敵に…」

吾妻ひでお 萌えの元祖と呼ばれながら一時期はホームレス生活、アルコール依存症による入院で執筆活動を中断。しかし、休業時のどん底生活を赤裸々かつ軽妙に綴った「失踪日記」で近年復活を遂げた漫画家・吾妻ひでお。自らを「吾妻ひでお原理主義者」と称する音楽家・菊地成孔によるベストセレクション「ポスト非リア充時代のための吾妻ひでお」(河出書房新社刊、1575円)が現在発売中だ。刊行を記念して6月22日にリブロ池袋コミュニティカレッジで催された、吾妻ひでおと菊地成孔のトークイベントの一部をリポート!

◆メイドカフェで「死ね!」と思った(吾妻)

菊地:今回僕がひとついい仕事をしたなと思ったのは、吾妻さんに対して「元祖萌え」という言葉を使ったところ、それに呼応して吾妻さんの「メイドカフェで『死ね!』と思った」という発言を引き出せたことなんです。

吾妻:慈しむ心が「萌え」だとするならば、秋葉原のメイドはみんな演技しているわけですからね。客もそこに乗っかってにゃんにゃんしてるなんて、今の萌え文化には慈しみがないんじゃないかと思ったんです。まあ、メイドが演技しているのはみんな知っているけれど、アイドルなんかは、対象が純粋かどうかはわからないですよね。もちろん天然な人や、天然な部分はあるのかもしれないけれど。

菊地:萌えの造物主のひとりからすると、現代は荒廃していると(笑)。今のアキバって、カーニバル化していませんか? ヤンキーと同じ。ネコミミなんかもどんどんエスカレートしていって。

吾妻:可愛らしさをどんどんエスカレートさせて商売している感じですよね。ツンデレまでいっちゃうと笑えるからいいんですけどね。かわいいでしょ?という作りの裏側が見えるのは嫌なんですよね。

菊地:産業としての媚態ですよね。AKBのえげつなさもそう。でもそう思うのは、我々がおっさんになっただけ、「普遍的なおっさん化」ということなんでしょうかね。

吾妻:アグネス・チャンや林寛子も、最近になってようやくつくりものだったとわかってきました。林寛子が「暇なときは新聞配達してる」って言っていたのを信じていましたし(笑)。

菊地:プロレスをいつまで真剣勝負だと思っていたかと通ずる話ですね。

吾妻:アグネス・チャンも今ではすっかり敵になってしまって……。(注:アグネス・チャンは現在、児童ポルノ規制強化を求めて活動中)

菊地:昨今の規制強化に対してはどう考えていますか?

吾妻:エロ本の人は、基本的にとありあえず作ってみて、怒られたら謝るというスタンスだったんですけどね。今は「自主規制」が激しくなっちゃっているなとは思います。「陽射し」(ロリコンブームの先駆けと言われる吾妻の傑作集)なんて今だったら完全にアウトでしょうね。

菊地:最近のアイドルだと、K-POPなんかは聴かれますか?

吾妻:注意してなるべく好きにならないようにしてます(笑)。

菊地:ヘロインに注意!と同じですね。「次のジャケットに描いて下さい」と言われたら?

吾妻:描きます。「ファンになりました」って言います。ツイッターでも嘘ばっかり書いてますから。

菊地:私も、今はやっていないんですけど、SNSでは一字一句検閲をかけて、嘘しか書いていませんでした(笑)。

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/249313
「萌え」を変えたのはピーチ・ジョンが戦犯(菊地)

【吾妻ひでお】
’50年、北海道生まれ。69年「まんが王」でデビューし、以降次々に不条理ギャグ、SF、美少女漫画の元祖として活躍。ブランクを経て発表した自伝的漫画「失踪日記」で再び注目を集め、復活を遂げる

【菊地成孔】
音楽家、文筆家。’63年生まれ。ジャズに軸足を置きながら、ジャンルレスな音楽活動を展開。「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「菊地成孔ダブ・セクステット」「DCPRG」の3バンドを主宰

取材・文/牧野早菜生

ポスト非リア充時代のための吾妻ひでお

萌えの元祖究極のベスト選集




おすすめ記事