雑学

稼げない嬢に共通点 風俗店店長座談会

稼げない嬢に共通点 風俗店店長座談会

101102_CL3_07.jpg
 稼げるハズの業界に身を寄せながらも極貧生活に陥っている下流風俗嬢たち。売れない、稼げない彼女らの共通点とは何なのだろうか……。雇う側の風俗店店長たちにその実態を語ってもらった。

A氏 長年風俗業界に携わっているけど、基本的に風俗嬢は労働意欲がないコが多いよね。

B氏 風俗嬢はみんな、ナマケモノだからね。努力しなけりゃ稼げないのは一般社会も同じ。

A氏 それでもルックスが平均点以上ならなんとか稼げるのがこの業界。でも平均点以下だと努力なしでは稼げない(笑)。

C氏 努力って……まさか本番?(笑)

A氏 違う違う! 会話とか接客態度だって(笑)。本番やらせるコは一時的に客が増えて稼ぐよね。でも基本的にヤらせればイイって思ってるから、どうしても仕事熱心じゃなくなる。結局、店にバレてクビになってほかのお店に行っても本番やってクビになって……って繰り返しちゃう。

B氏 それにスタッフやほかのコとのコミュニケーションも大切。そういう一般常識があるコは稼がせてあげたくなるし、実際お客さんもつく。風俗店も一つの会社。タクシードライバーと一緒で、仕事は個人プレーだけど、結果的にはチームプレーだから。

A氏 でもフーゾクにどっぷり浸かるとその感覚が薄れていくんだよ。今、食えてない20代後半の”ベテラン”のコたちは、若い頃は努力しなくても稼げてた感覚が抜けきらないコたちだね。

C氏 ダメなコたちって遅刻も当日欠勤も当たり前、普通の会社じゃ通用しない非常識さを持っているよね。もう私生活からしてだらしないからデブばっかり(笑)。

A氏 もちろんフツーの仕事はできないから、それでもこの業界に居座り続ける。ヤツらは最終的には本番があるって思っているから、たちが悪い(笑)。

取材・文/村田らむ 高木瑞穂 野中ツトム(清談社) 長谷川大祐(本誌)
撮影/赤松洋太
モデル/COCO@

― 下流風俗嬢がそれでも仕事を続けるワケ【8】 ―




おすすめ記事