恋愛・結婚

水着ギャル「TENGA EGG」認知率は23%

DJブースの前にはEGGの列が

 2012年の夏も、残すところあとわずか。「そろそろ夏休みモードから切り替えよう」などと思う人も多いだろう。

 だが一方で、湘南・江の島海岸の海の家は、まだまだ夏真っ盛りといった様相だ。海岸沿いに並ぶ数十件の海の家ではDJブースを設ける店舗も多く、昼間からクラブミュージックがガンガン流れ、小麦色に焼けた男女が「夏はこれからだ!」と言わんばかりに騒ぎまくっている。

 そんな海の家の一角の看板に、なにやら見慣れた文字を発見した記者。そこには「今夜のイベント TENGA」とあった。店中を覗いてみると、DJブースには大量のEGGが並び、水着姿のダンサーがEGG片手にセクシーダンスを披露していた。

 この海の家「GAZIR(ガジル)」はTENGAが協賛する店舗。この日はEGGの新バージョン「シーズン4」の発売を記念して、ティーン誌で活躍している読者モデルなどをブッキングしイベントを開催していた。店中ではサンプリングも行われ、水着姿のギャルがEGGを持ちながら踊るという、なにやら不思議な光景が……。そもそも、彼女たちはコレ(EGG)がなんだかわかっているのか? 海の家周辺にいた女子たちに、聞いてみた。

海の家の中に設置されたステージで踊るセクシーダンサーたち。手にはEGGが

◆江の島の水着ギャルのTENGA EGG認知度は?

 まずは、海の家の前に座っていたエミちゃん(21歳)とチカちゃん(22歳)の2人。彼女らは、彼氏の家で見たことがあるらしくEGGを知っていた。だが、海には彼氏に内緒で来たそうで、「こんなの持って帰ったら彼氏に『どこ行ってたんだよ!?』って聞かれちゃうから、持って帰れないよ!」(エミちゃん)とか。まあ、海に行っていたとはバレないと思うが……。

 ただ、EGGを知っていたこの2人は稀なケースのようで、ほとんどの水着ギャルが「え、コレって卵のおもちゃじゃないの!?」(ミユキちゃん・19歳・学生)といった反応だった。EGGを開けて中身を見せると、「(触ってみて)わ、気持ちいい。でもコレ、何に使うんですか?」と、初々しいリアクションを見せてくれた。

 その後、約30人に話を聞くと「EGGを知っている」と答えたのは7人という結果に。ちなみにTENGAの調べによると、女性の認知度は約3割というデータが出ているらしく、からくもそのデータを裏付けるような結果となった。

⇒水着ギャル【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=272516

 一方で、EGGを貰って大喜びだったのは、言うまでもなく男性客である。認知度はもちろん、ほぼ100%。ある男性は、「水着の女のコを見てたら興奮しちゃったんで、(使うのを)家まで待てないかもしれないッス!」と満面の笑みで語っていた。

 周りには水着ギャル、そして手中にはTENGA。たしかにこれは耐えがたいコラボレーションだと、実感する記者だった。<取材・文/A山 撮影/渡辺秀之>

ハッシュタグ




おすすめ記事