恋愛・結婚

イマドキ女子大生が[おじさん好き]な理由とは!?

悪いのは草食男子だけではない!  女子大生が30男に群がるのは、草食男子ブームの恩恵か? しかし、「20年ほど前から一定数いて、年々、増えていると実感します」と指摘するのはナンパの達人・草加大介氏だ。路上ナンパの経験から、その背景が見えるという。 「昔に比べて、20歳くらいまでに交際する人数が圧倒的に多くなっているんですよ。15人くらいと付き合ったなんてコもいますからね。それだけ多くの比較対象があると、どうしても異性への採点が厳しくなる。そうなると必然的に成熟した相手=年上を選びますよ」  肉体だけでなく精神的にも満たされたい。なかなか贅沢者だ。  彼女たちの特徴には、年上が相手ならソフトSMやコスプレなどの”ちょい変態プレイ”を切り出しやすいと思っているとか、結婚に真剣になる年齢でもないので既婚者とのSEXに抵抗が少ないなどと嬉しい話も多いが、実際に相手をするのは骨が折れるようだ。 「そもそも会話が大変ですよ。話題がコロコロ変わって、しかも半端なくつまらない! 彼女たちが疲れて話をやめるまで、『そうだね、そうだね』と聞き役に徹するしかありませんね」  また、草加氏は、彼女たちの年上志向に問題も感じるという。 「女のコの言い分は男の悪口が多いでしょう。本当は愛情があれば、欠点なんて受け入れられるはずなんですけどね。男の草食化だけが問題ではなくて、女も未成熟で傷つきやすくなっている。そこで、受け入れてくれる大人の男へ流れます。それは、年収300万円の時代背景も無縁ではなくて、親がシングルだったり共働きで家におらず、時間をかけて構ってもらえなかったコが増えた。愛情の何たるかを教わらずに育ってしまった。すごくかわいそうなことですよ」  胸を張れるほど大人かどうかはともかくだが、それでよければ温かく受け止めて進ぜよう。 【草加大介氏
110104_CL2_30.jpg
恋愛塾・ナンパ塾を運営する共同企画デタント代表取締役。 近著に『恋愛塾講義ノート』(道出版)。 http://www.daisuke-souka.net/ 取材・文/磯部シゲマサ 江沢 洋 加藤カジカ 昌谷大介 藤村はるな 渡辺恵理 友部綾子(本誌) 撮影/佃 大平 山川修一(本誌) モデル/かなと沙奈 協力/NEW AGE(http://www.newage-2000.jp/) ― 新事実!女子大生が30男にSEX指導されたがってる!【11】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事