恋愛・結婚

女子大生を調教してきた男が語る[SEX指導]のコツ

女子大生を調教してきた男が語るコツ

「この3年で女子大生を6人以上調教した」と語るのは、現在、人材関連企業で働く、妻子持ちの正岡明さん(仮名・33歳)。正直、外見はただのオヤジにしか見えないが、実際に取材時にも女子大生を同伴するモテっぷり。そんな彼に女子大生を落とすコツを聞いた。

「仕事柄、バイト面接などで女子大生に会うことが多いのですが、一番大事なのは相手が僕とヤレるか、無理かの見極め。僕は、まず『手がキレイだね』と言って手をとって反応を見るところから始めます。ボディタッチOKのコは僕のことを生理的に嫌がっていないので、だいたい押せば口説けます」

 一歩間違えばセクハラまがいな行動だが、めくるめく快楽のためにはリスクも厭わないという正岡さん。さらに、彼が重要視するのは相手の女子大生の性格だ。

「僕が選ぶのは男性経験が少ないコか高学歴で頭の良いコ。両者とも性に対して非常に好奇心旺盛で、刺激に弱い。そこで、『アナル舐め』、『足の指舐め』、『青姦』など、20代の男とでは経験できない世界を教えてあげる。最初は抵抗しても、次第に『こんなの知らなかった。次は?』と迫ってきますから」

 相手の見極め次第で若い女体を弄べるとは夢のような話。腕に自信のある人は、臆せずぜひ挑戦を。

110104_CL2_28.jpg
「実はさっきもヤッてきたばかりです」と、指をからませラブラブアピール

― 新事実!女子大生が30男にSEX指導されたがってる!【9】 ―




おすすめ記事