恋愛・結婚

イチャイチャを楽しむだけ!思春期の恋愛みたいな浮気

最近では「SEXなしの恋愛関係」を家の外に求める既婚男性が増えているという。なぜ既婚男性はプラトニックな恋を求めるのか?紆余曲折を経た末に結婚した男が、最後にたどりつくのはやはり純愛なのか。「プラトニックな浮気」を実践している男たちの声から、その答えを探っていきたい。

【青春回顧】
◆mixiで同級生と再会!青春時代の恋愛を追体験
柴田淳平さん(仮名・31歳)地方公務員
★結婚歴:7年
★浮気デートの頻度:週1回

思春期的恋愛の追体験 高校卒業後に地元で結婚し、2人の娘にマイホーム購入と、着実な人生を歩んできた柴田さん。mixiの同級生検索機能をきっかけに、中学時代の同級生と再会した。

「中学時代は地味でまったく目立たなかったHさんが、巨乳美人になってたんです! そのギャップに完全にやられて(笑)」

未婚で彼氏がいなかったHさんと柴田さんは急接近。週に一度は必ず会い、泊まりでキャンプに行く仲にまでなった。

「よく、周りの友達から『ヤッただろ』って聞かれるけど、本当にしてないんスよ。それより中学時代の恋話とかしていると、昔を思い出してキュンとするのがいい。酔った勢いで『柴田君のこと好きだったんだよぉ』とか甘えられて、『なんでそのときに言わないんだよ~』って俺も。でへへ。こう、イチャイチャするのがいいんですよ。やっぱり結婚しても女のコにチヤホヤされたいじゃないスか」

……なんともストレートな意見だが、ヤンキーだった柴田さんは中学時代が人生最大のモテ期。思春期的恋愛の追体験か?

とはいえ、察するにHさんは柴田さんに気がありそうだ。

「迫られたことはあるけど、『今の二人の関係を大事にしたい』とか言ってごまかしました。ヤッた後に面倒になるのもイヤじゃないですか。それより今、俺がHさんに恋している状態を持続したいわけ。そのためにマメにメールを送ったり、相談に乗ったりして、気にかけていることをアピールしてますから」

それ、嫁にバレませんか……。

「どうせバレるから、初めから伝えてます。ただ、同級生みんなと会うことにして二人で会うことは伝えていない。あとは一人暮らしをしている同級生に月5000円払って部屋を使わせてもらってます」

ヤリ部屋になる可能性もあるが、 柴田さんは今、数年ぶりの青春を謳歌しているのだ。

― 30代の浮気[SEXより恋]の謎【3】 ―

プラトニック・セックス <映画版>

生きることの絶望と希望




おすすめ記事