恋愛・結婚

20代女性「既婚者とのデートは自分磨きのツール」

最近では「SEXなしの恋愛関係」を家の外に求める既婚男性が増えているという。なぜ既婚男性はプラトニックな恋を求めるのか?紆余曲折を経た末に結婚した男が、最後にたどりつくのはやはり純愛なのか。SPA!では、これまで「プラトニックな浮気」を実践している男たちの声を聞いてきた。では実際のところ、相手の女性はどう思っているのだろうか?まずは肯定派の意見を聞いてみよう

肯定派【証言1】
「デートは自分磨きのツール。提供してくれる男性に感謝です」(28歳・医療事務)

◆「プラトニックな浮気」を女はどう見る?

「リアル彼氏以上に私を高めてくれる最高のお相手です」

そう語るのは、1年半前、合コンで知り合った6歳年上の既婚男性と月イチのデートを繰り返す宮前亜紀さん(仮名・28歳)。

「合コンではお互いに料理が趣味ってことで意気投合しました。その場で奥さんと子供がいることを打ち明けられたのには正直心がざわめきましたが、下心なく付き合いたいということがわかって、信頼できる相手だと思いました」
毎日mixi上でやりとりするうちに、本音を言い合える仲であることを再確認。彼女のほうから食事に誘ったという。

「相手は年上だから、会話の内容も私の仕事や恋愛相談がほとんど。でもたまに、『こんないいコなのに、なんでいい相手が見つからないのか不思議』『子供を愛してるから今はもう無理だけど、もっと早く会えてたら間違いなくプロポーズしてたよ』なんて言われるだけで胸がキュンっとなるんです」

そして何より、宮前さんが彼との月イチデートを大事にしているのにはこんな理由がある。

「相手が既婚者だろうが、女はデートしているだけでテンションが高まるんです。化粧にも手を抜かなくなるし、服装や髪形も意識できる。彼の家庭を壊したくないからSEXするつもりはないけど、いつも勝負下着です(笑)」

デートは相手からの愛を確認する場ではなく、あくまでも自分磨きのツール。割り切ってくれたほうが、男としても遊びやすい。

― 30代の浮気[SEXより恋]の謎【10】 ―

不倫の恋で苦しむ男たち

それは「不倫」という名の「本気の恋」

ハッシュタグ




おすすめ記事