恋愛・結婚

優等生はセックスも優等生!?

およそセックス姿が想像できないエリート女子。彼女たちはいかなる性的妄想を抱いているのか。高学歴ならではの知的すぎる性的嗜好を調査した。知性は“痴性”を生む!?

【男性からの目撃報告】

優等生,セックス,処女 経験人数が4ケタという驚異的な記録の持ち主の勝田誠司さん(仮名・35歳)のもとにある日、悩める高学歴処女が現れた。

「そのコは青山学院大学出身の26歳。『この年で処女だと、もう誰ともできないんじゃ……』と本気で悩んで、“恋愛関係なくセックスだけしてくれて、いろいろ教えてくれる人”を探してたらしいんです。それで巡り巡って僕のところにやってきた」

 いざ事に及ぶと、彼女は真剣そのもの。

「熱心にフェラチオの練習をしたり、僕のチンコを1時間くらい見つめたりと、とにかく研究熱心。優等生はセックス中も優等生的なんだな、と感心しましたよ。セックスしてるというより、教師と生徒みたいでした」

 あまりに懸命な姿に、勝田さんは「毎日オナニーすると自分の気持ちいいところがわかるようになるよ」とアドバイス。すると……。

「本当に毎日実践してくれて、その都度、報告のメールが来るんですよ(笑)。『今日オナニーしました。奥の上のほうが気持ちよかったです』と。僕は極力同じコとはヤらないポリシーなので、その後実技は教えていませんが、しばらくはメールでセックス指導を続けました」

 “セックス学”を履修した彼女は、今では独り立ちしてどこかで誰かと腰を振っているのだろうか。

取材・文/大貫未来(清談社)
― [高学歴アラサー女子]のSEX観が狂い始めた!【2】 ―




おすすめ記事