恋愛・結婚

ソウルの歓楽街「588(オーパルパル)」の正しい歩き方

 2010年に大幅な摘発に遭い、風俗愛好家の間では「もはや壊滅状態」と言われているソウルの歓楽街。小誌記者スギナミのルポ「ソウルの韓国式ソープが消えた」(http://nikkan-spa.jp/369480)にもある通りだ。しかし、「歩き方すら間違わなければ588(オーパルパル)は今でもソウル最強の遊び場」だとソウル在住のD氏は熱弁する。

ソウル「ソウルでは本格的なマッサージと本番が込みの『按摩』が最強だと長らく言われてきましたが、ほとんどの店では女性を選ぶことができません。日本人からするとびっくりですよね。一回2万円ほどかかるソウルの『按摩』は日本におけるソープランドみたいなもんですが、ほとんどの日本人観光客は店先で『選べない』と気づいても、店のスタッフに説き伏せられそのまま入店、とんでもないアガシが出てきても我慢してサービスを受ける……というのが『夜のソウルあるある』なんです。その点、588は自分の目で見て入店できますから、間違いないですよ」

 ちなみに588のお値段は15分で7万ウォン(約5600円)。しかし、「全盛期の頃よりもアガシの数が半減した」との声も。それでもD氏は「質のいい美女はむしろ増えた」と断言する。

「少女時代やKARAレベルなら、間違いなくいます。ただし、美女がいる置屋は駅を背にして中央にある通りに密集しているので、穴場を探して端っこの置屋には絶対に入らないようにしてください。売れっコは中央通りにしかいませんから。また、売れてるコは常にお客さんが入ってますが、1回15分なのでエアーポケットは必ずあります。飾り窓に戻ってくる瞬間を見逃さないようにしましょう。あと、昼間はブスしかいません。昼間は中央通りでもブスしかいません。21時以降じゃないと、588に近寄っても意味はないですね

 尚、摘発はいまだ続いており、鼻の下を伸ばして歩いているとんでもない目に遭う可能性も。588を歩く際は自己責任でお願いしたい。 <取材・文/ナカソネ>




おすすめ記事