雑学

インベーダーがかわいい最新音ゲーも登場!ジャパンアミューズメントエキスポ2013

 2月15日・16日の2日間、幕張メッセにてジャパンアミューズメントエキスポ2013(JAEPO)が開催されている。ゲームセンターに並ぶビデオゲームマシンの最新作が勢ぞろい。さながら大きなアミューズメントパークと化した幕張メッセから、体験レポートをお送りする。

◆一番人気はタイトーの『グルーヴコースター』

 数あるブースの中でも最も長い列ができたのはタイトーの『グルーヴコースター(アーケード版)」だ。画面上のレールを走るキャラクターがターゲットを通過する際にリズム良く専用演奏コントローラー「BOOSTER(ブースター)」を操作することで、ジェットコースターに乗ったような疾走感とともに、音楽にノる“グルーヴ”感を味わうことができる。

 リズムゲームの経験がほとんど無い記者だけに、うまく操作できるか少々不安な気持ちで試遊をしてみたが、初心者でも感覚的に操作でき、その爽快感を十分に楽しむことができた。2011年にiPhone向けアプリとして配信され数々の賞を受賞した人気シリーズの初アーケード版ということもあり、注目度は抜群。待ち時間は70分にも及んだ。操作説明をしてくれるコンパニオンがみなオリジナルデザインのジャケットとヘッドフォンを身にまとっていることからも、タイトーの力の入れようが伝わってくる。

⇒【拡大画像】タイトー『グルーヴコースター』
http://nikkan-spa.jp/388272/130215_jaepo-01


 他のブースを見回してみると、アーケードゲームならではの身体を動かすゲームが人気だ。バンダイナムコゲームスの人気シリーズ『太鼓の達人』や、加賀アミューズメントの『e-SPORTSGROUND』などがその筆頭で、多くの来場者の注目を集めた。『e-SPORTSGROUND』は、4台のプロジェクターによって投影されたボールを、自分の身体を使って跳ね返すゲームをはじめ、様々なゲームがプレイできる。その感覚は今までに味わったことのない全く新しいものだった。その新鮮さから、あのまま続けていたらおそらく何時間でも没頭してしまったことだろう。

 他にも各メーカーのアイディア溢れる新作がズラリと並んだJAEPO。その会場はさながら大きなゲーセンのようだ。好奇心のままに楽しめば、あなたもきっと非日常的な楽しさを味わえることだろう。明日16日まで開催中のJAEPOに、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

⇒コンパニオンや試遊の様子はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=388281


⇒【画像集】美人コンパニオンによる試遊ガイド
http://nikkan-spa.jp/388273


<取材・文/福田悠 撮影/林健太>

ハッシュタグ




おすすめ記事