マネー

アマゾン個人輸出で儲けるサラリーマンが続出中

「サラリーマンの副業といえば、海外から安く仕入れて、日本国内で売る『個人輸入』が人気でした。しかし最近、その反対の“個人輸出”がブームになりつつあります」と話すのは、『月に100万稼げる「Amazon輸出」入門』の著者・山村敦氏だ。

「『個人輸出』とは、日本で仕入れた商品を海外のアマゾンなどで売ることです。輸入との大きな違いは、まだ競争相手が少ないこと。アマゾン輸入はすでにさまざまなところで紹介され実践する人も多いのですが、一方の輸出はまだ少数しか参加していません。つまり、アマゾン輸出は、ネットビジネス界のブルーオーシャンなんです。また、輸入だと日本という限られた市場でしか勝負できませんが、輸出なら世界中の人を相手にできるので、マーケットが広いのも魅力。さらには、日本のアニメやフィギュア、ゲーム、おもちゃ、電化製品など、ジャパンブランドは海外でも人気が高く、そういう点も日本人の強みを生かせます」

⇒【写真】山村氏おすすめのアマゾン個人輸出商品
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=410434


 ほかにも、今のような円安のときには断然、輸出が有利になるというメリットも大きい。

 日刊SPA!では、山村氏が推奨した2アイテムを紹介しているが、3/26発売の週刊SPA!「アマゾン個人輸出儲けマニュアル28」特集では、全28アイテムと、アマゾン個人輸出をする際の手順やポイントも解説している。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/2号(3/26発売)

表紙の人/滝沢秀明

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
月に100万稼げる「Amazon輸出」入門

ネットビジネスで今、最も熱い注目!





おすすめ記事