恋愛・結婚

【1万円ソープ急増】風俗がアベノミクスに逆行する理由

 一般に総額2万5000円以下のソープランドを格安店と分類するが、最近では総額1万円で遊べる激安ソープが全国各地で登場している。その背景には、昨年秋、東京・吉原で起きた格安ソープランドグループOが摘発されたことが影響している。Oの摘発によって、中小の格安ソープ店が勢力を拡大するようになったほか、高級店が格安コースを設定したりして低価格競争に拍車がかかったのだ。

 ミリオン出版『俺の旅』編集長の生駒明氏は、最近の東京・吉原のソープ事情をこう説明する。

「吉原では30分6000円のソープが登場し、大きな話題になっています。摘発されたOグループに在籍していた嬢は、これらの格安ソープなどに移っています。さらに価格競争が過激化して、集客のための割引合戦も激しくなっています」(生駒氏)

まち情報, 性風俗, 社会, 風俗, 風俗嬢

ミレイさん 前職は銀座の高級クラブ嬢で、ナンバー1になったことも。「普段はドMで乳首と太ももの内側が弱いの。『SPA!』を見て遊びに来てくれたら、たくさんサービスしちゃう(笑)」

 その影響は、日本で一番アツい風俗タウン・池袋でも顕著になっている。池袋にはソープが15軒ほどあるが、風俗誌編集者や風俗ライターの間でも特に評判なのが、女のコのレベル、サービス、料金ともに抜群の「バイオレンス」だ。

「バイオレンス」は平日50分1万1500円~と、大衆店の入浴料並みの総額でナンバーワン嬢・ミレイさん(写真 http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=434265)のような嬢と遊ぶことができる。

 ほかにも、NK流で一世を風靡した西川口駅界隈でも、近年、「R」や「N」「H」「T」などの1万円ソープが人気を集め、復活を遂げようとしている。

 巷ではアベノミクスだ、値上がりだ、インフレ懸念だと騒がれているが、風俗業界では逆アベノミクスが進行中。5/7発売の週刊SPA!「激増する1万円マル秘風俗全国ルポ」特集では、低価格競争にサービス合戦と嬉しい悲鳴だらけの全国各地の1万円マル秘風俗を達人が一挙紹介している。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

まち情報, 性風俗, 社会, 風俗, 風俗嬢

毎朝7~8時台は2000円オフの1万1500円。9~17時も秘密のキーワードで同額に。女のコのレベルとサービスが高い人気店。住所:東京都豊島区西池袋 1-36-9 電話番号:03-3981-0731 営業時間:7~24時 料金:50分総額1万3500円~ HP:http://www.violence.jp/

取材・撮影協力/池袋「バイオレンス」

週刊SPA!5/14号(5/7発売)

表紙の人/小野恵令奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事